[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
t-cev1.jpg
600×400、 91.8KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(中部)山梨県
恵林寺・開山堂
甲斐牧ノ荘の領主であった二階堂出羽守貞藤が名僧夢窓疎石(むそうそせき)に帰依し、元徳2年(1330)邸宅を禅院としたのが始まりと伝えられる。天正10年(1582)に焼討により焼失したが快川国師(かいせんこくし)の命により再建され、以後徳川家より外護を受けた。

静止画
t-cev2.jpg
600×400、 105.7KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(中部)山梨県
恵林寺・庭園
甲斐牧ノ荘の領主であった二階堂出羽守貞藤が名僧夢窓疎石(むそうそせき)に帰依し、元徳2年(1330)邸宅を禅院としたのが始まりと伝えられる。夢窓国師が築庭した庭園は、京都・天龍寺、西芳寺の庭園とともに代表作とされ、国の名勝史跡に指定されている。

静止画
t-cew1.jpg
600×400、 94.7KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(中部)山梨県
身延山久遠寺・三門
日蓮宗の総本山で、宗祖日蓮が開いた根本道場。江戸初期に建てられた三門は焼失し、明治40年(1907)に再建された。このように大きな門(出入り口)を中心として、左右に門が連なるものを「三門」といい、それぞれ空・無相・無願を表す。

静止画
t-cex1.jpg
600×400、 96.9KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(中部)山梨県
武田神社・参道
甲斐の国を統治した武田信虎、信玄、勝頼の武田氏三代が63年間住んだつつじケ崎の館跡に、戦国屈指の雄将信玄をたたえ祭って、大正8年(1933)に創建された。“信玄公祭り”ではこの神社にて戦勝祈願が行われる。

静止画
t-cex2.jpg
600×400、 106.7KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(中部)山梨県
武田神社・拝殿
武田神社は武田信玄公のかつての居館、躑躅ヶ崎館の跡に建つ。後方には信玄公の誕生した積翠寺、東方には信玄公の墓所、三条夫人の菩提所、円光院がある。