[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
t-aan1.mpg
320×240、 2.84MB

みつめよう私たちの国土
まちのすがた特色のあるちいき
民話の里・遠野(岩手県)
“ざしきわらし”や“おしらさま”、“かっぱ”、“でんでら”などの民話が伝承される。頭がくぼんだ狛犬は、そこに水がたまることからカッパ狛犬と呼ばれている。また、かつては馬と人が同居した「曲屋(まがりや)」と呼ばれる農家が多くあった。

動画
t-aan2.mpg
320×240、 2.41MB

みつめよう私たちの国土
まちのすがた特色のあるちいき
蔵づくりの町・喜多方(福島県)
2600以上の蔵がある町。火事に強い蔵を、倉庫のみでなく、住居(蔵座敷)、店舗、工場、醸造場、寺院などとして使用していた。

動画
t-aan3.mpg
320×240、 2.46MB

みつめよう私たちの国土まちのすがた特色のあるちいき
厳島神社(広島県)
安芸の宮島は昔から人々の信仰を集めていた。その島内にある厳島神社は海の中に立つ大鳥居と、渡り廊下でつながれたいくつもの拝殿や能舞台をもち、現代にも生き続ける日本文化と歴史の象徴である。平成8年世界文化遺産に登録された。

動画
t-aan4.mpg
320×240、 2.41MB

みつめよう私たちの国土
まちのすがた特色のあるちいき
海運の町・酒田(山形県)
最上川河口にある酒田は、かつて日本海周りの船の集積地として栄えていた。山居倉庫は明治26年に建てられた25万俵の米を保管する白壁土蔵造りの倉庫である。二重構造の屋根とケヤキ並木が夏の高温から荷物を守っている。

動画
t-aan5.mpg
320×240、 2.40MB

みつめよう私たちの国土
まちのすがた特色のあるちいき
塩の町・竹原(広島県)
かつて塩の町として栄えた竹原は道が狭く、家に突き当たって直角に曲がっている。蔵や高い塀、白いしっくい壁、水路など、江戸時代後期の町並みが残っている。

動画
t-aan6.mpg
320×240、 2.38MB

みつめよう私たちの国土
まちのすがた特色のあるちいき
茶屋町・祇園新橋(京都府)
古い町並みが残る祇園新橋界隈は、江戸時代からお茶屋が建ち並び、歌舞音曲の音が聞こえる町として栄えてきた。舞に用いる扇作りは伝統産業の一つとして栄えたが、需要が減った現在では土産物としても新たな販路を得ている。