[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
s1g131.jpg
599×400、 79.1KB
世界と手をつなぐピアノ産業原材料木材製材
製材加工投入前
切り揃えられ皮むきされた原木が、木材加工工場で加工されるのを待っています。(アラスカ)

静止画
s1g132.jpg
600×400、 79.1KB
世界と手をつなぐピアノ産業原材料木材製材
製材工場 帯鋸(アラスカ)
原木が製材工場の帯鋸(おびのこ)で一定の厚さに切られています。帯鋸は長い輪になっているのこぎりで、写真では木材を縦に切っているところです。木の方が向こうからこちらへ向かって動いています。(アラスカ)

静止画
s1g133.jpg
600×400、 84.6KB
世界と手をつなぐピアノ産業原材料木材製材
製材工場 帯鋸(中国)
帯鋸(おびのこ)による製材作業。中国東北部の工場風景です。ここは魚麟松というスプルスやエゾ松と同じトウヒ族の産地であり、隣国のロシアからも豊富な木材を輸入して加工しています。

静止画
s1g134.jpg
600×400、 78.0KB
世界と手をつなぐピアノ産業原材料木材製材
製材工場 手作業
帯鋸(おびのこ)で大まかに切り揃えた木材を扱っています。材料が重いため危険を伴う作業です。(アラスカ)

静止画
s1g135.jpg
400×600、 86.3KB
世界と手をつなぐピアノ産業原材料木材製材
製材工場 丸鋸
二枚の丸鋸(まるのこ)で縦横同時に角材を切り出しているところ。製材工場から遠い伐採地では、丸太のままで運搬するよりも、簡易的に製材することで効率良く運搬できるように工夫しています。(アラスカ)

静止画
s1g136.jpg
600×400、 81.3KB
世界と手をつなぐピアノ産業原材料木材製材
製材工場 乾燥
製材された木材は乾燥室で決められたスケジュールに従ってしっかりと乾燥されます。(米国・ノースカロライナ州)

静止画
s1g137.jpg
600×400、 87.3KB
世界と手をつなぐピアノ産業原材料木材製材
製材工場 角材
製材された木材(角材)は、グリーンチェーンと呼ばれる搬機で運ばれながら、グレード(等級)や長さの規格毎にまとめられ結束されます。(アラスカ)