[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
p-159.mpg
320×240、 1.34MB

歴史記録映像
昭和15〜16年昭和16年中期頃
日ソ中立条約調印
1941年4月、訪欧中の松岡外相が帰途、ソ連に立ち寄り、モスクワで日ソ中立条約に調印。期限は5年。南方進出をめざす日本と、ドイツによる侵攻にそなえたソ連とが相互不可侵・中立維持などを約束。映像は、挨拶する松岡洋右、列車での移動。

動画
p-160.mpg
320×240、 2.44MB

歴史記録映像
昭和15〜16年昭和16年中期頃
独ソ戦前のソ連軍・スターリン閲兵
1941年、独ソ戦前のソ連軍。高射砲隊、戦車隊、航空部隊が行進し、スターリン、モロトフらがそれを閲兵。爆撃演習やバラシュート部隊の降下演習なども行われた。映像は、閲兵台に立つスターリン、モロトフ、ソ連軍兵士の行進。

動画
p-161.mpg
320×240、 2.44MB

歴史記録映像
昭和15〜16年昭和16年中期頃
ナチ副総統ヘス 英国へ単独飛行
1941年5月10日、ドイツのナチス副総統ルドルフ=ヘスがアウグスブルグ郊外の飛行場からメッサーシュミット戦闘機に搭乗、スコットランドに単独飛行。映像は、ナチ副総統ヘスがイギリスに到着したところ。

動画
p-162.mpg
320×240、 2.46MB

歴史記録映像
昭和15〜16年昭和16年中期頃
独ソ戦始まる
1941年6月、ドイツがソ連を奇襲攻撃し、独ソ戦が開始される。イタリア、ルーマニア、スロヴァキア、ハンガリー、フィンランドがソ連に宣戦布告。イギリス、アメリカは対ソ援助を表明。映像は、ソ連国境に侵攻するドイツ軍の戦車、空爆、陸戦のドイツ軍将兵。

動画
p-163.mpg
320×240、 2.44MB

歴史記録映像
昭和15〜16年昭和16年中期頃
ドイツ軍 ソ連に侵攻
1941年6月22日、ドイツ軍がソ連国境を越えて大砲を打ち込み、ソ連を奇襲攻撃。「バルバロッサ作戦」として、300万のドイツ軍将兵を動員し、ソ連へ大進撃を開始。映像は、ドイツ軍の攻撃に対するソ連軍の騎馬兵、戦況のようす。

動画
p-164.mpg
320×240、 2.44MB

歴史記録映像
昭和15〜16年昭和16年中期頃
ドイツ軍の進撃停止 ソ連軍の反攻
1941年12月、モスクワ防衛のソ連軍がドイツ軍への総反撃を開始。10月5日に開始されたドイツ軍によるモスクワ攻撃に対する反攻。これによりドイツ軍はモスクワへの進撃を停止。映像は、ドイツ軍を迎撃するソ連軍のようす。