[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
p-263.mpg
320×240、 2.45MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
ポツダム宣言
1945年7月発表の米・英・中3国の対日共同宣言。軍国主義の絶滅、領土制限、民主化促進などを終戦の条件とし、無条件降伏を勧告。日本政府は8月14日これを受諾。戦後、占領政策の基点となった。映像は、会談の出席者、英代表のアトリー、トルーマン、会議のようす。

動画
p-264.mpg
320×240、 1.58MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
広島原爆投下
1945年8月6日、中部太平洋のテニアン基地から飛来した米戦略爆撃機B29エノーラ・ゲイは、広島に原子爆弾<リトル・ボーイ>を投下した。爆弾は上空580mで炸裂、一瞬にして広島を廃墟の町に変えた。映像は、上空から撮影された原爆キノコ雲。

動画
p-265.mpg
320×240、 2.47MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
原爆後の広島
爆心地から半径500mにいたほとんどの人々が即死し、1950年までに、原爆症も含め約24万7,000人が原爆のために死亡している。映像は、被災した瓦礫の市内、原爆ドーム。

動画
p-266.mpg
320×240、 2.44MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
ソ連 対日宣戦布告
1945年8月8日、ヤルタ協定によってソ連は対日宣戦を通告。翌日、ソ連極東軍がソ連国境を越えて進攻し、中国東北地方全域を制圧。映像は、チャーチル、スターリン、トルーマンらの会談、ソ連の軍事パレード、トルーマンの声明。

動画
p-267.mpg
320×240、 2.47MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
長崎原爆投下
1945年8月9日、アメリカは長崎にも原子爆弾を投下。熱線と熱風は川沿いの工場・学校・教会、そして爆心地から南へのびる街々を破壊し、約7万人の命が奪われた。今なお多くの人々が原爆後遺症で苦しんでいる。映像は、上空から撮影された原爆雲と壊滅した工場地帯の状況。

動画
p-268.mpg
320×240、 2.45MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
玉音放送
1945年8月15日、日本ではラジオ放送で、天皇自らが録音した終戦詔書「玉音放送」が流れ、国民に敗戦が伝えられた。映像は、昭和20年9月6日に上映された「聖断拝す 大東亜戦争終結 昭和二十年八月十四日」のニュース映画。

動画
p-269.mpg
320×240、 2.45MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
終戦を告げる米マスコミ
1945年8月、米大統領トルーマンが、日本が無条件降伏したことを宣言。米国の記者たちが世界中にニュースを伝えた。また米国内では”V−J Day”(日本に勝った日)として、祭りが行われた。映像は、戦勝を喜ぶ米国市民、勝利を報じる新聞、紙吹雪、抱き合う兵士。

動画
p-270.mpg
320×240、 2.46MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
インドネシア独立宣言
1945年8月17日、国民党のスカルノを指導者として、インドネシアが独立宣言。翌日、大統領にスカルノ選出。武力により独立を阻止しようとしたオランダと4年間闘争を展開、1949年、完全に独立。映像は、独立交渉の会議のようす。

動画
p-271.mpg
320×240、 2.15MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
マッカーサー厚木到着
1945年8月30日、連合軍最高司令官ダグラス=マッカーサー元帥が厚木に到着。C54輸送機「バターン号」から、コーン・パイプをくわえて厚木基地に降り立ち、日米両将校らがそれを迎えた。映像は、乗機バターンで到着するマッカーサー。

動画
p-272.mpg
320×240、 2.44MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
米戦艦ミズーリ号
1945年9月2日、日本側の重光外相と梅津参謀総長、連合国側の最高司令官マッカーサー元帥および各国代表が、米戦艦ミズーリ号上で降伏文書の調印を行う。映像は、ミズーリ号、調印式に向かう重光外相、取囲む報道陣。足の不自由な重光に用意された椅子。

動画
p-273.mpg
320×240、 2.47MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
日本側代表降伏文書に調印
米・中国・英・ソ連・オーストラリア・カナダ・フランス・オランダ・ニュージーランドが降伏文書に署名。指令第1号として、マッカーサー元帥が朝鮮半島の日本軍に対し、38度線を境に、米ソ各軍への降伏を司令。映像は、調印にサインする重光葵外相、参謀総長の梅津治郎大将。

動画
p-274.mpg
320×240、 2.46MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
中国で降伏調印
1945年9月9日、南京で日本軍の支那派遣軍総司令官岡村寧次大将らが、中国陸軍総司令何応欽に対し、降伏文書に調印。映像は、調印の会場、サインする今井武夫中将、日本代表の退席後、手をとりあう中米軍将官。

動画
p-275.mpg
320×240、 2.44MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
米兵士母国へ凱旋
1945年9月、第二次世界大戦で勝利を収めた米軍兵士が母国へ凱旋帰国した。兵士たちの乗る帰還船が自由の女神像の前を通過し、上陸。出迎える家族たちの歓迎を受けた。映像は、自由の女神、帰還船、出迎える家族、上陸して大地にキスする兵士。

動画
p-276.mpg
320×240、 1.37MB

歴史記録映像
昭和19〜20年昭和20年後期頃
天皇 マッカーサー訪問
1945年9月27日、天皇が東京赤坂の米大使館にマッカーサー元帥を訪問、35分間にわたって会談した。会見に先立ち撮影された二人の写真は日本の各新聞社に配布され、29日づけ各紙一面トップに掲載された。映像は、米国大使館をあとにする昭和天皇。