[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
w1ai1.jpg
600×400、 86.1KB
林業と環境林業と仕事輸入材
外国の原木積出港
ここはインドネシア・ボルネオから木材を日本に出荷する積出港です。現在日本で使われている木材の8割が、値段が安く、太くて品質と量が整った外国産の木材です。

静止画
w1ai2.jpg
600×400、 81.9KB
林業と環境林業と仕事輸入材
新木場の原木貯木場
新木場の原木の貯木場です。港についた船から原木を海におろし、小さい船で引いて運びます。現在では外国で製材まで行い、木材や加工品になって輸入されるので原木の入荷は少なくなりました。

静止画
w1ai3.jpg
600×400、 80.4KB
林業と環境林業と仕事輸入材
シベリア・レナ川を下るいかだ
日本に輸出されるシベリアの原木はシベリアカラマツ、トドマツ、エゾマツ、ヨーロッパアカマツの4種が中心です。シベリアカラマツをいかだにして、レナ川上を運んでいます。

静止画
w1ai4.jpg
600×400、 93.3KB
林業と環境林業と仕事輸入材
小樽港・ロシアの木材
船で海を渡ってきたロシアのトドマツとエゾマツの丸太です。北海道の小樽の港に入港します。現在、日本に輸入される丸太材はロシア産が一番多くなっており、この10年で広葉樹の輸入も急増しています。