[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jbd1.jpg
600×400、 195.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)復元イメージ復元食物
木の実類(クルミなど)
三内丸山の集落は縄文人にとって食料を得る上で好都合であった。豊かな水産資源と森林資源を組み合わせることによって、一年間この場所で安定した生活をすることができた。写真はクリ、クルミ、ゴボウ、エゴマである。(撮影協力:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jbdg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)復元イメージ復元食物 木の実類(クルミなど)
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jbd2.jpg
600×400、 176.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)復元イメージ復元食物
木の実類(ドングリ)
三内丸山の集落は縄文人にとって食料を得る上で好都合であった。豊かな水産資源と森林資源を組み合わせることによって、一年間この場所で安定した生活をすることができた。縄文人の主な食料はドングリなどの植物性の食料であったと考えられる。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jbd3.jpg
600×400、 159.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)復元イメージ復元食物
魚介類
三内丸山の集落は縄文人にとって食料を得る上で好都合であった。豊かな水産資源と森林資源を組み合わせることによって、一年間この場所で安定した生活をすることができた。写真はカキやハマグリなどの魚介類である。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jbd4.jpg
600×400、 187.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)復元イメージ復元食物
肉類
三内丸山の集落は縄文人にとって食料を得る上で好都合であった。豊かな水産資源と森林資源を組み合わせることによって、一年間この場所で安定した生活をすることができた。写真はシカやイノシシなどの肉類である。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jbd5.jpg
600×400、 205.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)復元イメージ復元食物
団子(木の実・魚・肉など)
三内丸山の集落は縄文人にとって食料を得る上で好都合であった。豊かな水産資源と森林資源を組み合わせることによって、一年間この場所で安定した生活をすることができた。石皿やすり石の出土は、縄文人が食材をすり潰して食べていた事を示している。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jbd6.jpg
600×400、 188.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)復元イメージ復元食物
果物類
三内丸山の集落は縄文人にとって食料を得る上で好都合であった。豊かな水産資源と森林資源を組み合わせることによって、一年間この場所で安定した生活をすることができた。写真はブドウやキイチゴなどの果物類である。(撮影協力:青森県教育庁文化課)