[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jkd1.jpg
600×400、 119.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)土偶の集合
土偶の集合
三内丸山遺跡では、人の形をした土偶が1300点ほど出土している。これは日本最多である。土偶は女性を表現しているものと考えられ、子孫の繁栄、自然の実りに感謝する時に使われたものと考えられる。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jkdg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)土偶の集合 土偶の集合
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jkd2.jpg
600×400、 107.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)土偶の集合
土偶の集合
三内丸山遺跡から出土した土偶の多くは十字形の板状土偶である。それぞれの土偶が持つ特徴は何か呪術的な意味があるのかも知れない。中には、補修の跡をもつ土偶も存在する。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jkd3.jpg
600×400、 119.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)土偶の集合
土偶の展示
土偶は完形品で出土する場合もあるが、大部分は破片で出土する。土偶の形態も様々で、最大は32.5cm、最小は3.8cmとバラエティーに富んでいる。写真は遺跡の展示室に保管されている土偶の一部である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jkd4.jpg
400×600、 160.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)土偶の集合
土偶 実測図1
出土遺物の調査に欠かせない作業に実測図の作成がある。遺物の形態、大きさ、模様など、写真では表現できない内容を後世に如実に伝えられる貴重な資料が実測図である。これは土偶の実測図である。(資料提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jkd5.jpg
400×600、 161.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)土偶の集合
土偶 実測図2
出土遺物の調査に欠かせない作業に実測図の作成がある。遺物の形態、大きさ、模様など、写真では表現できない内容を後世に如実に伝えられる貴重な資料が実測図である。これは土偶の実測図である。(資料提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jkd6.jpg
400×600、 142.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)土偶の集合
土偶・岩偶 実測図
出土遺物の調査に欠かせない作業に実測図の作成がある。遺物の形態、大きさ、模様など、写真では表現できない内容を後世に如実に伝えられる貴重な資料が実測図である。これは土偶および岩偶の実測図である。(資料提供:青森県教育庁文化課)