[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jkc1.jpg
600×400、 79.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)岩偶
石偶(岩偶)
三内丸山遺跡では、石偶(岩偶とあえて区別している)が1体、出土している。頭部、腕部、脚部を三角形状に作出しており、表裏を表すために、一方の面には円形の刺突が胸部に弧状に巡る。南盛土からの出土で、榎林式期の所産である。長さは10.5cmである。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jkcg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)岩偶 石偶(岩偶)
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jkc2.jpg
600×400、 82.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)岩偶
岩偶
土偶と関連すると考えられる遺物に岩偶と三角型土製品がある。岩偶は8点出土し、そのうち完形品は4点出土している。材質は軟らかい石材が選ばれている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jkc3.jpg
600×400、 85.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)岩偶
岩偶
土偶と関連すると考えられる遺物に岩偶と三角型土製品がある。岩偶は8点出土し、そのうち完形品は4点出土している。材質は軟らかい石材が選ばれている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jkc4.jpg
600×400、 75.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)岩偶
岩偶
土偶と関連すると考えられる遺物に岩偶と三角型土製品がある。岩偶は8点出土し、そのうち完形品は4点出土している。材質は軟らかい石材が選ばれている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jkc5.jpg
600×400、 93.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土偶・岩偶)岩偶
石偶と岩偶
前期には人の形を表現した岩偶が作られた。数は少なく、土偶と同じ用途に使われたものと考えられる。また、三内丸山遺跡では石で作られた石偶(写真左)が一体だけ出土している。長さは10.5cmである。(写真提供:青森県教育庁文化課)