[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jnh1.jpg
600×400、 157.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)土器の分別・配置
土器片の分別
土器片は個々の土器ごとに分別され、配置が確認された後、接合される。復元された土器は実測、写真撮影が行われ、他の資料と共に発掘調査報告書という学術書として印刷、刊行される。写真は土器片の分類作業の様子である。(撮影協力:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jnhg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)土器の分別・配置 土器片の分別
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jnh2.jpg
600×400、 138.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)土器の分別・配置
土器片の配置
土器片は個々の土器ごとに分別され、配置が確認された後、接合される。復元された土器は実測、写真撮影が行われ、他の資料と共に発掘調査報告書という学術書として印刷、刊行される。写真は展示室に保管されている土器配置のサンプルである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jnh3.jpg
600×400、 160.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)土器の分別・配置
土器の拓本
土器片は個々の土器ごとに分別され、一部の文様が拓本として記録される。拓本とは、土器にインクを付けてその文様を紙に転写することであり、他の資料と共に発掘調査報告書に掲載される。写真は土器文様の拓本である。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jnh4.jpg
600×400、 169.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)土器の分別・配置
土器の拓本
土器片は個々の土器ごとに分別され、一部の文様が拓本として記録される。拓本とは、土器にインクを付けてその文様を紙に転写することであり、他の資料と共に発掘調査報告書に掲載される。写真は土器文様の拓本である。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jnh5.jpg
600×400、 157.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)土器の分別・配置
土器の拓本サンプル
土器片は個々の土器ごとに分別され、一部の文様が拓本として記録される。拓本とは、土器にインクを付けてその文様を紙に転写することであり、他の資料と共に発掘調査報告書に掲載される。写真は展示室に保管されている土器拓本のサンプルである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)