[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jnb1.jpg
600×400、 113.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)特徴的な土器
台付き浅鉢形土器(上面)
これは、三内丸山遺跡より出土した台付浅鉢型土器(上面)である。縄文時代中期の円筒上層土器で、大きさは高さが10.3cm、径が26.9cmである。縄文人はこの土器に食材を盛りつけたのであろうか。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jnb2.jpg
600×400、 97.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)特徴的な土器
台付き浅鉢形土器(正面)
これは、三内丸山遺跡より出土した台付浅鉢型土器(正面)である。縄文時代中期の円筒上層土器で、大きさは高さが10.3cm、径が26.9cmである。器全体に芸術的とも言える装飾が施されている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jnb3.jpg
600×400、 112.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)特徴的な土器
台付き浅鉢形土器(口縁部)
これは、三内丸山遺跡より出土した台付浅鉢型土器(口縁部)である。縄文時代中期の円筒上層土器で、大きさは高さが10.3cm、径が26.9cmである。粘土ひもが貼り付けられ、力強い装飾が施されている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jnb4.jpg
600×400、 122.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)特徴的な土器
ミニチュア土器
盛り土からミニチュア土器がたくさん出土した。これらは縄文中期のもので、祭りなどの祭祀に用いられていた可能性が考えられる。方口・深鉢・台付皿などの器形があるが、大多数には縄文が施文されず、その他の文様表現も行われていない。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jnb5.jpg
600×400、 83.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)特徴的な土器
朱塗土器
漆塗り土器は5千年を経た現在も、鮮やかな朱色を保っている。模様が施されていないことから、木製の漆器を真似て作られたものと考えられる。大きさは高さ11.5cm、口径17.5cmである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jnb6.jpg
600×400、 155.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)特徴的な土器
漆塗土器 出土状況
写真は漆塗土器の出土状況である。漆塗土器は当時の鮮やな色合いをそのままに残している。漆の製作には多くの時間と労力、そして専門的な技術が必要とされる。三内丸山からは国内で最も古いと思われる漆器も出土している。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jnb7.jpg
600×400、 148.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)特徴的な土器
漆塗土器 出土状況
写真は漆塗土器の出土状況である。漆塗土器は当時の鮮やな色合いをそのままに残している。漆の製作には多くの時間と労力、そして専門的な技術が必要とされる。三内丸山からは国内で最も古いと思われる漆器も出土している。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jnb8.jpg
600×400、 147.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(土器)特徴的な土器
漆塗土器 出土状況
写真は縄文前期の漆塗土器の出土状況である。漆塗土器は当時の鮮やな色合いをそのままに残している。漆の製作には多くの時間と労力、そして専門的な技術が必要とされる。三内丸山からは国内で最も古いと思われる漆器も出土している。(写真提供:青森県教育庁文化課)