[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jlb1.jpg
600×400、 94.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)針・錐・釣り針
針入れ
これらは鹿やイノシシの骨や角で作られたもので、その用途によって短いものや長いもの、穴があるものや無いものなど様々な種類がある。写真上にある管状のものは針入れではないかと考えられている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jlbg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)針・錐・釣り針 針入れ
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jlb2.jpg
600×400、 77.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)針・錐・釣り針
写真は錐である。これらは鹿やイノシシの骨や角で作られたもので、その用途によって短いものや長いもの、穴があるものや無いものなど様々な種類がある。先は尖っており、一方に骨の自然面を残し、特に着柄のための加工の痕跡は認められない。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jlb3.jpg
600×400、 64.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)針・錐・釣り針
骨針の集合
写真は針である。先端の刺突部が尖り、もう一端に穿孔のある有孔のものと無孔のものの2種類がある。大きいものは平均10cm程度、小さいものは平均5cm程度のまとまりがある。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jlb4.jpg
600×400、 77.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)針・錐・釣り針
骨針の集合
写真は針である。先端の刺突部が尖り、もう一端に穿孔のある有孔のものと無孔のものの2種類がある。ほぼ直線的なものと大きく湾曲するものとある。湾曲するタイプは有孔が多く、前者は鹿の中手・中足骨を、後者は肋骨を利用する場合が多い。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jlb5.jpg
600×400、 82.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)針・錐・釣り針
釣り針
写真は釣り針である。単式釣針が大部分で、結合式釣針が1点出土している。単式釣針は、かえしがなく、形状はU字型であるが若干外側に開くものもある。また、糸の通し穴に周溝が巡るものがある。全てが鹿角製である。(所蔵先:青森県教育庁文化課)