[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jla1.jpg
600×400、 73.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨刀・装飾品
クジラの骨刀
動物の骨や角を加工して作る道具を骨角器とよぶ。三内丸山遺跡で出土した特殊な骨角器としてクジラの骨刀がある。写真の骨刀は縄文時代前期中頃のもので長さは20cmである。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jlag11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨刀・装飾品 クジラの骨刀
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jla2.jpg
600×400、 67.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨刀・装飾品
クジラの骨刀
三内丸山遺跡で出土した特殊な骨角器としてクジラの骨刀がある。クジラの骨はもろいため、これは何かを切るためというより、祭りなどの祭祀に用いられた可能性が考えられる。写真の骨刀は縄文時代前期中頃のもので長さは18.5cmである。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jla3.jpg
600×400、 92.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨刀・装飾品
クジラの骨刀の集合
骨刀などの集合写真である。中2点はクジラの骨刀(20cm・18.5cm)で縄文時代前期中頃のものである。用途はまだ判明していない。一番右のものは材質・用途ともに不明である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jla4.jpg
600×400、 76.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨刀・装飾品
耳飾り
動物の骨や角を加工して作る道具を骨角器とよぶ。写真は牙玉、垂飾品と考えられる装身具類である。土偶の中には、耳にイヤリングのようなものが表現されたものも存在する。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jla5.jpg
600×400、 73.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨刀・装飾品
ヘアピン
骨角器は、針、釣り針、刀、装飾品など、縄文人の生活を知るための貴重な資料である。写真は動物の骨製のヘアピンである。鹿の中手・中足骨、鳥骨、鹿角を利用していたと思われる。(所蔵先:青森県教育庁文化課)