[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jlc1.jpg
600×400、 95.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨角器の集合
骨角器の集合
骨角器は大部分が縄文時代前期の円筒下層a式期のものである。第6鉄塔地区からの出土で、北の谷からも若干出土している。保存状態が極めて良好で、製作時の痕跡や使用痕を明瞭に観察できるものである。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jlcg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨角器の集合 骨角器の集合
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jlc2.jpg
600×400、 74.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨角器の集合
骨角器の集合
三内丸山遺跡では大型獣の骨の出土が少なく、これらは貴重品であったと思われる。本来は廃棄される部位の骨までが、骨角器として徹底的に利用されている。これは捕獲できる動物の個体数が、もともと少なかったことを意味している。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jlc3.jpg
600×400、 84.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨角器の集合
骨角器の集合
写真左下は鹿角製のハンマーである。第一尖と角幹部で切断しており、角座に敲打痕がある。縄文時代前期のもので、長さは11cmである。写真右はクジラの骨刀である。これは何か特別なことに用いられた可能性がある。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jlc4.jpg
600×400、 87.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨角器の集合
加工途中の鹿角
これは骨角器として加工途中の鹿の角である。縄文時代前期のもので、長さは約21cmである。他に骨角器の材料として、鹿の中手・中足骨やエイの尾のとげを利用したものも存在する。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jlc5.jpg
600×400、 77.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨角器の集合
加工途中の鹿角
これらは骨角器として加工途中の鹿の角である。左の大きなものは縄文時代前期のもので、長さは約21cmである。三内丸山遺跡では大型獣の骨の出土が少なく、これらは貴重品であったと思われる。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jlc6.jpg
400×600、 149.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨角器の集合
骨角器 実測図1
出土遺物の調査に欠かせない作業に実測図の作成がある。遺物の形態、大きさ、模様など、写真では表現できない内容を後世に如実に伝えられる貴重な資料が実測図である。これは針、骨刀などの実測図である。(資料提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jlc7.jpg
400×600、 113.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(骨角器)骨角器の集合
骨角器 実測図2
出土遺物の調査に欠かせない作業に実測図の作成がある。遺物の形態、大きさ、模様など、写真では表現できない内容を後世に如実に伝えられる貴重な資料が実測図である。これは針、鹿角などの実測図である。(資料提供:青森県教育庁文化課)