[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jrb1.jpg
600×400、 68.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイ大珠
写真のヒスイ大珠は縄文時代中期後半のもので、盛土遺構から3点がまとまって出土した。ヒスイ大珠の最大のものは直径6.5cm、高さ5.5cmである。廃棄時にはヒモなどでつながれていた可能性もある。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jrbg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ ヒスイ大珠
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jrb2.jpg
600×400、 58.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイ大珠
ヒスイは約600km離れた新潟県糸魚川周辺から運ばれた。原石、加工途中のもの、完成品の珠などが見つかっている。非常に硬い石で、その加工は熟練した技術と知識が必要である。ヒスイの大珠は祭祀用や権威の象徴であったという説がある。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jrb3.jpg
600×400、 111.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイ大珠
ヒスイはこれまで、青森県内の遺跡では出土例が少なかったため、原産地で加工された製品を入手していたと考えられていたが、原石や加工途中のものが出土したことによって、加工技術そのものが導入されていたことが考えられる。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jrb4.jpg
600×400、 132.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイ大珠
ヒスイ大珠3点はテニスボールより一回り小さく、ずっしりとした重みがある。これらは祭祀用具あるいは権威の象徴であったと考えられる。ヒスイは最も硬い石のひとつであるが、大珠の中心にはきれいな穴が貫通しており、三内丸山の技術の高さを物語っている。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jrb5.jpg
600×400、 93.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
破損したヒスイ大珠
写真は破損したヒスイ大珠である。ヒスイは非常に硬い石である。三内丸山遺跡では原石をはじめ、加工途中のものも発見されていることから、集落にはヒスイの加工技術を持った人がいたと考えられる。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jrb6.jpg
600×400、 104.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイ製品
写真は数々のヒスイ製品である。これらはペンダントなどの装飾品であったと考えられる。北陸地方原産の貴重なヒスイは、縄文人にとって特別な材料であったに違いない。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jrb7.jpg
600×400、 117.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイ原石と加工途中の物
原石は平成6年度の調査で北盛土遺構から中期後半に属するものが出土した。これらは新潟県糸魚川産のものとみられ、三内丸山遺跡は交易の拠点であるとともに、ヒスイの加工場でもあったと考えられる。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jrb8.jpg
600×400、 159.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイ大珠 出土状況
ヒスイは大珠や小型のペンダントの他、原石や突孔途中のものが出土した。時期は中期全般にわたるが、後半の検出例が多い。土坑墓から出土した1点を除き、全て盛土遺構から出土している。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jrb9.jpg
600×400、 153.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイ大珠 出土状況
ヒスイはこれまで、青森県内の遺跡では出土例が少なかったため、原産地で加工された製品を入手していたと考えられていたが、原石や加工途中のものが出土したことによって、加工技術そのものが導入されていたことが考えられる。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jrba.jpg
600×400、 168.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイ製品 出土状況
ヒスイは大珠や小型のペンダントの他、原石や突孔途中のものが出土した。時期は中期全般にわたるが、後半の検出例が多い。土坑墓から出土した1点を除き、全て盛土遺構から出土している。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jrbb.jpg
600×400、 123.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイ製品 出土状況
ヒスイはこれまで、青森県内の遺跡では出土例が少なかったため、原産地で加工された製品を入手していたと考えられていたが、原石や加工途中のものが出土したことによって、加工技術そのものが導入されていたことが考えられる。(写真提供:青森県教育庁文化課)

動画
k-jrbc.mpg
320×240、 984.8KB

三内丸山遺跡(縄文時代)
遺物(交易品)ヒスイ
ヒスイの加工
ヒスイは最も硬い石のひとつであるが、大珠の中心にはきれいな穴が貫通しており、三内丸山の技術の高さを物語っている。加工途中のものも発見されていることから、集落にはヒスイの加工技術を持った人がいたと考えられる。(資料提供:青森県教育庁文化課)