[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jmf1.jpg
600×400、 69.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)異形石器
異形石器(動物型)
異形の石器は、何か特別な意味を持っていたと考えられる。三内丸山遺跡では、男性の墓に副葬品として埋められていた例もある。大きいもので長辺が6cm、短辺が2cmのものがある。(所蔵先:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jmfg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)異形石器 異形石器(動物型)
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jmf2.jpg
600×400、 69.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)異形石器
異形石器
剥片石器の石材は珪質頁岩(けいしつけつがん)のものが9割以上を占め、他に玉髄、黒曜石、鉄石英などが使用されている。頁岩は薄く剥がれ易い性質があり、打製石器の加工に適している。写真の異形石器も原石を打ち欠いて作られた打製石器である。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmf3.jpg
600×400、 77.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)異形石器
異形石器
異形石器は中期の北盛土や南盛土からの出土が多く、三日月状の形態を基本とするものが多く、突起のつくものや、つまみのついたものが多い。また、男性の墓から副葬品として出土した例もある。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmf4.jpg
600×400、 75.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)異形石器
異形石器
異形の石器は、何か特別な意味を持っていたと考えられる。三内丸山遺跡では、男性の墓に副葬品として埋められていた例もある。大きいもので長辺が6cm、短辺が2cmのものがある。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmf5.jpg
600×400、 77.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)異形石器
異形石器
剥片石器の石材は珪質頁岩(けいしつけつがん)のものが9割以上を占め、他に玉髄、黒曜石、鉄石英などが使用されている。頁岩は薄く剥がれ易い性質があり、打製石器の加工に適している。写真の異形石器も原石を打ち欠いて作られた打製石器である。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmf6.jpg
600×400、 81.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)異形石器
異形石器
異形石器は中期の北盛土や南盛土からの出土が多く、三日月状の形態を基本とするものが多く、突起のつくものや、つまみのついたものが多い。また、男性の墓から副葬品として出土した例もある。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmf7.jpg
600×400、 103.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)異形石器
玉髄製異形石器
異形の石器は、何か特別な意味を持っていたと考えられる。三内丸山遺跡では、男性の墓に副葬品として埋められていた例もある。大きいもので長辺が6cm、短辺が2cmのものがある。(所蔵先:青森県教育庁文化課)