[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jmb1.jpg
400×600、 82.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)石棒
窪みを持つ石棒(表面)
石棒は祭祀に使われたとする説が有力である。石棒が中期の盛土から出土していることから、祭祀は盛土で行われていたのではないかと思われる。写真は代表的な石棒の表面である。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jmbg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)石棒 窪みを持つ石棒(表面)
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jmb2.jpg
400×600、 82.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)石棒
窪みを持つ石棒(裏面)
石棒は祭祀に使われたとする説が有力である。石棒が中期の盛土から出土していることから、祭祀は盛土で行われていたのではないかと思われる。写真は代表的な石棒の裏面である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmb3.jpg
600×400、 78.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)石棒
石棒
石製品は、住居跡などの遺構から出土した例はきわめて少なく、多くは北地区中期の盛土遺構から検出されたものである。石棒についても中期の盛土から出土していることから、祭祀は盛土で行われていたのではないかと考えられている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmb4.jpg
600×400、 85.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)石棒
石棒
三内丸山遺跡からは、円筒土器文化に伴なう全ての種類の石器が出土している。出土点数も極めて多量であり、盛土遺構出土石器のように、土器の型式を基準にした使用時期の認定が可能な石器も少なくない。写真は石棒である。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmb5.jpg
600×400、 83.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)石棒
石棒
石器は出土量が膨大であるため、詳細な分析は今後にゆだねられるが、時期毎の石器の形態変化や組成の変化、欠損状況や使用痕、石器製作技術や石材入手法などの研究により、三内丸山遺跡という巨大集落の成り立ちについて多くの知見が得られるものと考えられる。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmb6.jpg
600×400、 88.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)石棒
石棒(手持ち)
骨角器や木製品などの有機質の遺物とは違って、土器や石器は、ほとんど腐らない。そのため、遺物の大半は土器のかけらや石器である。なかには、縄文時代から現代までほとんど変化していない、日常的な道具も存在する。写真は石棒である。(所蔵先:青森県教育庁文化課)