[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jmg1.jpg
600×400、 99.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)その他の石器
半円状扁平打製石器
写真は半円状扁平打製石器である。半円状扁平打製石器は円筒土器文化に特徴的な石器である。土掘り用の道具であるという説もあるが、用途は全く不明である。前期の縄文谷からの出土が多い。(所蔵先:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jmgg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)その他の石器 半円状扁平打製石器
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jmg2.jpg
600×400、 90.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)その他の石器
半円状扁平打製石器
写真は半円状扁平打製石器である。半円状扁平打製石器は円筒土器文化に特徴的な石器である。土掘り用の道具であるという説もあるが、用途は全く不明である。前期の縄文谷からの出土が多い。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmg3.jpg
600×400、 90.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)その他の石器
石ノミ
石器には生活の道具と祭り用の道具がある。生活の道具は、狩猟具類、工具類、調理具類に大別される。三内丸山遺跡では、狩猟用の石鏃、工具の石斧、調理用のすり石と石皿、祭り用とみられる青竜刀形石器などが出土している。写真は石ノミである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmg4.jpg
600×400、 92.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)その他の石器
石包丁
三内丸山遺跡からは、様々な種類の石器が膨大な量で出土した。写真の石器は石包丁であると考えられている。刃の部分は鋭利で、大型の魚もさばくことができそうである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmg5.jpg
600×400、 93.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)その他の石器
石冠
この石冠は縄文時代中期の土坑墓(大人の墓)から出土したもので、北海道式石冠と呼ばれている。石冠の出土状況が明確に確認されたのは、三内丸山遺跡が初めてである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmg6.jpg
600×400、 83.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)その他の石器
石冠
この石冠は縄文時代中期の土坑墓(大人の墓)から出土したもので、北海道式石冠と呼ばれているが、用途は不明である。縄文人の精神世界はまだまだ未解明の部分が多い。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmg7.jpg
600×400、 96.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)その他の石器
軽石
石器は出土量が膨大であるが、時期毎の形態の変化や使用痕跡の研究、石器製作技術や石材入手の方法等の研究により、三内丸山遺跡の成り立ちや交流について多くの知見が得られると考えられる。写真の軽石からは耳飾りなどの装飾品も作られている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmg8.jpg
600×400、 122.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)その他の石器
石器 実測図1
出土遺物の調査に欠かせない作業に実測図の作成がある。遺物の形態、大きさ、模様など、写真では表現できない内容を後世に如実に伝えられる貴重な資料が実測図である。これは石器の実測図である。(資料提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jmg9.jpg
400×600、 130.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(石器)その他の石器
石器 実測図2
写真は石器の実測図である。石器では土器との供伴関係からより詳細な形態、機能、組成の変遷が捉えられるものと考えられる。また使用痕からの検討も重要である。(資料提供:青森県教育庁文化課)