[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jqb1.jpg
600×400、 75.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)耳飾り
耳飾り
三内丸山遺跡では、耳飾り、ペンダント、ヘアピンなど、身を飾る品も多く出土している。土偶の耳にはイヤリングが表現されおり、これに対応する縄文時代前期の出土物に、けつ状耳飾りがある。これは中国で出土するものと形が非常に良く似ている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jqbg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)耳飾り 耳飾り
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jqb2.jpg
600×400、 77.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)耳飾り
耳飾り
三内丸山遺跡では、耳飾り、ペンダント、ヘアピンなど、身を飾る品も多く出土している。土偶の耳にはイヤリングが表現されおり、これに対応する縄文時代前期の出土物に、けつ状耳飾りがある。これは中国で出土するものと形が非常に良く似ている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqb3.jpg
600×400、 81.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)耳飾り
耳飾り(円盤型)
縄文人は様々な装身具を身につけ、とてもおしゃれだったと思われる。土製の耳飾りには側面有溝の円盤型のものと耳栓型のものがある。耳栓型は左右対称な鼓型のものと一方がやや大きく作られたものがある。写真は円盤型のものである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqb4.jpg
600×400、 82.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)耳飾り
耳飾り(耳栓型)
縄文人は様々な装身具を身につけ、とてもおしゃれだったと思われる。土製の耳飾りには側面有溝の円盤型のものと耳栓型のものがある。耳栓型は左右対称な鼓型のものと一方がやや大きく作られたものがある。写真は耳栓型のものである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqb5.jpg
600×400、 79.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)耳飾り
耳飾り(耳栓型・円盤型)
縄文人は様々な装身具を身につけ、とてもおしゃれだったと思われる。土製の耳飾りには側面有溝の円盤型のものと耳栓型のものがある。耳栓型は左右対称な鼓型のものと一方がやや大きく作られたものがある。写真左は耳栓型、後の2点は円盤型である。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqb6.jpg
600×400、 82.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)耳飾り
耳飾り(耳栓型)
縄文人は様々な装身具を身につけ、とてもおしゃれだったと思われる。土製の耳飾りには側面有溝の円盤型のものと耳栓型のものがある。耳栓型は左右対称な鼓型のものと一方がやや大きく作られたものがある。写真は耳栓型のものである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqb7.jpg
600×400、 95.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)耳飾り
耳飾り(円盤型)
縄文人は様々な装身具を身につけ、とてもおしゃれだったと思われる。土製の耳飾りには側面有溝の円盤型のものと耳栓型のものがある。耳栓型は左右対称な鼓型のものと一方がやや大きく作られたものがある。写真は円盤型のものである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqb8.jpg
600×400、 86.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)耳飾り
耳飾りの集合
三内丸山遺跡では、様々な形態の耳飾りが多く出土している。土製の耳飾りには耳栓型のもの(写真左上)と側面有溝の円盤型のものがある。また、石製の耳飾りも数多く出土している。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqb9.jpg
600×400、 80.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)耳飾り
耳飾りの集合
三内丸山遺跡では、様々な形態の耳飾りが多く出土している。土製の耳飾りには耳栓型のもの(写真左)と側面有溝の円盤型のもの(写真中)がある。また、石製の耳飾り(写真右)も数多く出土している。(所蔵先:青森県教育庁文化課)