[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jqe1.jpg
600×400、 143.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)出土状況
キバ玉 出土状況
土や石でできた耳飾りやペンダント、骨でできたヘアピン、蔓でできた腕輪など、身を飾るための品が数多く出土した。多種多様な装飾品から、縄文人のおしゃれなファッションを垣間見ることができる。写真はキバ玉の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jqeg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)出土状況 キバ玉 出土状況
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jqe2.jpg
600×400、 201.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)出土状況
ペンダント 出土状況
三内丸山遺跡では垂飾品の出土が多い。台形・楕円形の薄い板状に丁寧に研磨し、上端の中央を突孔しているものが多い。写真はペンダントの出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqe3.jpg
600×400、 157.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)出土状況
ペンダント 出土状況
ペンダントや首飾りになったと考えられる玉には、ヒスイ、土、木、石など、多種多様な種類があり、縄文人のファッションへのこだわりに驚かされる。装飾品の多くは盛土から見つかっている。写真はペンダントの出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqe4.jpg
600×400、 180.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)出土状況
ペンダント 出土状況
三内丸山遺跡では身を飾るためのものが多く出土する。ペンダントや耳飾り、腕輪やヘアピンなど様々なものがあり、それらは石や土などの材料で作られている。縄文の人々はおしゃれであったと考えられる。写真はペンダントの出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqe5.jpg
600×400、 188.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)出土状況
ペンダント 出土状況
垂飾品は住居跡などの遺構から出土した例はきわめて少なく、多くは北地区の中期の盛土遺構から検出された。写真はペンダントの出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqe6.jpg
600×400、 171.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)出土状況
朱スリ石製品 出土状況
土や石でできた耳飾りやペンダント、骨でできたヘアピン、蔓でできた腕輪など、身を飾るための品が数多く出土した。多種多様な装飾品から、縄文人のおしゃれなファッションを垣間見ることができる。写真は朱スリ石製品の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqe7.jpg
600×400、 143.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)出土状況
装飾品 出土状況
三内丸山遺跡から出土する遺物は、保存状態がきわめて良好で、当時の姿・形を明瞭に観察できる。装飾品の材料はヒスイから軽石まで様々である。おしゃれを楽しむ意識は縄文時代も現代も同じである。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqe8.jpg
600×400、 150.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)出土状況
装飾品 出土状況
三内丸山遺跡から出土する遺物は、保存状態がきわめて良好で、当時の姿・形を明瞭に観察できる。装飾品の材料はヒスイから軽石まで様々である。おしゃれを楽しむ意識は縄文時代も現代も同じである。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jqe9.jpg
600×400、 197.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(装飾品)出土状況
装飾品 出土状況
三内丸山遺跡から出土する遺物は、保存状態がきわめて良好で、当時の姿・形を明瞭に観察できる。装飾品の材料はヒスイから軽石まで様々である。おしゃれを楽しむ意識は縄文時代も現代も同じである。(写真提供:青森県教育庁文化課)