[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jsb1.jpg
600×400、 162.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況
鹿の骨 出土状況
三内丸山遺跡の鉄塔地区から、多量の動物遺体が出土した。その大部分は、魚類・鳥類・哺乳類であった。写真は鹿の骨の出土状況であるが、シカやイノシシはあまり捕れなかったと考えられている。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jsbg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況 鹿の骨 出土状況
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jsb2.jpg
600×400、 159.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況
鹿角 出土状況
動物や魚の骨の出土は縄文人の食生活を知る手がかりとなるが、特に三内丸山遺跡ではシカやイノシシなどの大型動物は少なく、ノウサギやムササビなどの小動物が大半であった。写真は加工途中の鹿角の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jsb3.jpg
600×400、 136.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況
鹿角 出土状況
哺乳類の骨のうち、動物種が判明した資料は約750点であった。骨角器の原材料にシカやイノシシの肋骨まで用いられていることから、シカ・イノシシはあまり捕れなかったものと思われる。写真は鹿角の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jsb4.jpg
600×400、 155.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況
鹿角 出土状況
三内丸山遺跡の規模と居住期間の長さから考えて、この遺跡周辺のシカ・イノシシへの狩猟圧は大きく、シカ・イノシシの生息量が少なかったと推測される。写真は鹿角の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jsb5.jpg
600×400、 160.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況
キバ 出土状況
現在、約30種ほどの動物の骨が出土している。ノウサギやムササビなどの小動物は、食料としてはあまり利用価値が高いとはいえない。むしろ毛皮などを利用したものと思われる。写真は獣の牙の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jsb6.jpg
600×400、 148.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況
獣骨 出土状況
三内丸山遺跡の鉄塔地区の発掘区から、多量の動物遺体が出土した。その大部分は、魚類・鳥類・哺乳類の遺体であった。縄文人は森と海の恵みで豊かな食生活を送っていたと推測される。写真は獣の下顎骨の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jsb7.jpg
600×400、 167.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況
キツネのあご骨 出土状況
現在、約30種ほどの動物の骨が出土している。ノウサギやムササビなどの小動物は、食料としてはあまり利用価値が高いとはいえない。むしろ毛皮などを利用したものと思われる。写真はキツネのあご骨の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jsb8.jpg
600×400、 155.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況
キツネのあご骨 出土状況
三内丸山遺跡の鉄塔地区の発掘区から、多量の動物遺体が出土した。その大部分は、魚類・鳥類・哺乳類の遺体であった。縄文人は森と海の恵みで豊かな食生活を送っていたと推測される。写真はキツネのあご骨の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jsb9.jpg
600×400、 192.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況
獣骨 出土状況
現在、約30種ほどの動物の骨が出土している。ノウサギやムササビなどの小動物は、食料としてはあまり利用価値が高いとはいえない。むしろ毛皮などを利用したものと思われる。写真は獣骨の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jsba.jpg
600×400、 148.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)獣骨の出土状況
獣骨 出土状況
三内丸山遺跡の鉄塔地区の発掘区から、多量の動物遺体が出土した。その大部分は、魚類・鳥類・哺乳類の遺体であった。縄文人は森と海の恵みで豊かな食生活を送っていたと推測される。写真は獣骨の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)