[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jsg1.jpg
600×400、 40.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)植物
アカザの種子
三内丸山遺跡ではヒョウタン、ゴボウ、マメ、アカザ、エゴマなどの栽培植物の種子が出土している。また、台地上の遺構では炭化クリが確認でき、食料として多量に利用されたことは明らかである。写真はアカザの種子である。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jsgg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)植物 アカザの種子
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jsg2.jpg
600×400、 92.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)植物
オニグルミの実
明らかに人間が食料資源として利用したものに、オニグルミ、クリ、トチノキがある。これらは谷底から谷底の泥炭質の堆積物に、いわゆるクルミ塚やクリ塚と呼ばれる状態で産出することが多い。写真はオニグルミの実である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jsg3.jpg
600×400、 161.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)植物
クルミの木 出土状況
最もたくさん見つかるのはクリとクルミである。どちらも簡単に取れ、食料にすることができる。クリは食料だけではなく、建築材としても利用された。写真はクルミの木の出土状況である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jsg4.jpg
600×400、 152.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)植物
クルミの実 出土状況
最もたくさん見つかるのはクリとクルミである。クリはDNA分析で栽培されたものであることが明らかになった。写真はクルミの実の出土状況である。遺跡では径30mm程度のオニグルミが大量に出土している。(写真提供:青森県教育庁文化課)