[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jse1.jpg
400×600、 90.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)鳥骨・その他の骨
鳥骨の集合
鳥類ではガン・カモ類が中心である。カモが多いのは、かつて集落の周辺に沼があったからではないかといわれている。数は少ないが、アビやアホウドリなどの海鳥も捕獲されていたようである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jseg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)鳥骨・その他の骨 鳥骨の集合
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jse2.jpg
600×400、 94.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)鳥骨・その他の骨
鳥骨の集合
発掘時点で採集された資料のうち、部位と種が同定された鳥骨は約400点である。哺乳類が約750点であることから見ると、この遺跡では鳥骨の割合がかなり高いと言える。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jse3.jpg
600×400、 141.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)鳥骨・その他の骨
骨 出土状況
鳥骨の出土状況からみると、ハクチョウを含めたガン・カモ類が主体である。その他の鳥類も、ウ・アビ・カイツブリなど海鳥が多く出土している。鳥類狩猟は、おそらく海岸近くの低湿地に飛来するガン・カモ類を主な対象として行われたのであろう。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jse4.jpg
600×400、 175.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)遺物(食物)鳥骨・その他の骨
骨片 出土状況
写真は鳥骨の骨片の出土状況である。三内丸山遺跡から出土する動物の骨や歯は、食料として捕獲した後、骨角器などを作る材料として利用されたものと思われる。(写真提供:青森県教育庁文化課)