[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
k-gae1.mpg
320×240、 778.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元組合せ会話
会話1
日本語の中でも、単語の多くはオ−ストロネシア諸語に、また主語−目的語−動詞という語順や助詞、助動詞のような文法要素はツング−ス諸語に由来する。この文章は縄文語で『Aba umobO pamribumu.』となる。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gae2.mpg
320×240、 877.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元組合せ会話
会話2
日本語の中でも、単語の多くはオ−ストロネシア諸語に、また主語−目的語−動詞という語順や助詞、助動詞のような文法要素はツング−ス諸語に由来する。この文章は縄文語で『Naba buibO pamribumu.』となる。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gae3.mpg
320×240、 843.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元組合せ会話
会話3
日本語の中でも、単語の多くはオ−ストロネシア諸語に、また主語−目的語−動詞という語順や助詞、助動詞のような文法要素はツング−ス諸語に由来する。この文章は縄文語で『Ayaba watabO miribumu.』となる。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gae4.mpg
320×240、 865.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元組合せ会話
会話4
日本語の中でも、単語の多くはオ−ストロネシア諸語に、また主語−目的語−動詞という語順や助詞、助動詞のような文法要素はツング−ス諸語に由来する。この文章は縄文語で『Ineba damabO miribumu.』となる。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gae5.mpg
320×240、 679.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元組合せ会話
会話5
日本語の中でも、単語の多くはオ−ストロネシア諸語に、また主語−目的語−動詞という語順や助詞、助動詞のような文法要素はツング−ス諸語に由来する。この文章は縄文語で『Aba damani idugribumu.』となる。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gae6.mpg
320×240、 792.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元組合せ会話
会話6
日本語の中でも、単語の多くはオ−ストロネシア諸語に、また主語−目的語−動詞という語順や助詞、助動詞のような文法要素はツング−ス諸語に由来する。この文章は縄文語で『Naba watani idugribumu.』となる。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gae7.mpg
320×240、 736.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元組合せ会話
会話7
日本語の中でも、単語の多くはオ−ストロネシア諸語に、また主語−目的語−動詞という語順や助詞、助動詞のような文法要素はツング−ス諸語に由来する。この文章は縄文語で『Ayaba damadu mudurribumu.』となる。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gae8.mpg
320×240、 770.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元組合せ会話
会話8
日本語の中でも、単語の多くはオ−ストロネシア諸語に、また主語−目的語−動詞という語順や助詞、助動詞のような文法要素はツング−ス諸語に由来する。この文章は縄文語で『Ineba watadu mudurribumu.』となる。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)