[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
k-gab1.mpg
320×240、 596.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
ツング−ス諸語とオ−ストロネシア諸語が、縄文時代中期以降、混ざり合うことによって現在の日本語の母体を形成した。『犬』は縄文語で『ina』と発音され、その語源はツングース諸語『ngina:犬』である。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)
関連資料
k-gabg11.htm
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
文中の省略記号について
関連資料
k-gabg21.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
日本語の母体について(英文と日本語訳)

動画
k-gab2.mpg
320×240、 531.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
イノシシ
ツング−ス諸語とオ−ストロネシア諸語が、縄文時代中期以降、混ざり合うことによって現在の日本語の母体を形成した。『イノシシ』は縄文語で『bui』と発音され、その語源はオーストロネシア諸語『babuy:ブタ』である。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gab3.mpg
320×240、 507.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
ツング−ス諸語とオ−ストロネシア諸語が、縄文時代中期以降、混ざり合うことによって現在の日本語の母体を形成した。『貝』は縄文語で『kapi』と発音され、その語源はオーストロネシア諸語『kapis:マドガイ』である。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gab4.mpg
320×240、 472.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
くま
ツング−ス諸語とオ−ストロネシア諸語が、縄文時代中期以降、混ざり合うことによって現在の日本語の母体を形成した。『くま』は縄文語で『kuma』と発音され、その語源はツングース諸語『kuma:アザラシ』である。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gab5.mpg
320×240、 475.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
ツング−ス諸語とオ−ストロネシア諸語が、縄文時代中期以降、混ざり合うことによって現在の日本語の母体を形成した。『魚』は縄文語で『iwa』と発音され、その語源はオーストロネシア諸語『iwak:魚』である。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gab6.mpg
320×240、 410.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
ツング−ス諸語とオ−ストロネシア諸語が、縄文時代中期以降、混ざり合うことによって現在の日本語の母体を形成した。『鶴』は縄文語で『turu』と発音され、その語源はツングース諸語『turuya:鶴』である。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gab7.mpg
320×240、 470.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
ツング−ス諸語とオ−ストロネシア諸語が、縄文時代中期以降、混ざり合うことによって現在の日本語の母体を形成した。『鳥』は縄文語で『dOri』と発音され、その語源はツングース諸語『dEgii/dErii:飛ぶもの、鳥』である。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gab8.mpg
320×240、 501.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
ふぐ
ツング−ス諸語とオ−ストロネシア諸語が、縄文時代中期以降、混ざり合うことによって現在の日本語の母体を形成した。『ふぐ』は縄文語で『buku』と発音され、その語源はオーストロネシア諸語『buku:膨れるもの』である。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gab9.mpg
320×240、 368.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
へび
ツング−ス諸語とオ−ストロネシア諸語が、縄文時代中期以降、混ざり合うことによって現在の日本語の母体を形成した。『へび』は縄文語で『mEi』と発音され、その語源はツングース諸語『mui:蛇』である。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)

動画
k-gaba.mpg
320×240、 466.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)縄文語の復元単語(動物)
ほら貝
ツング−ス諸語とオ−ストロネシア諸語が、縄文時代中期以降、混ざり合うことによって現在の日本語の母体を形成した。『ほら貝』は縄文語で『bura』と発音され、その語源はオーストロネシア諸語『buri:トウカムリガイ科』である。(資料提供:国立民族学博物館/崎山理)