[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jjc1.jpg
600×400、 179.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)お墓(大人の墓)環状配石墓
環状配石墓(全景)
環状配石遺構は標高19.2〜20.2mの範囲で南北方向横一列に並んで確認された。環状配石遺構の規模はいずれも直径4m強で、平均長26cm、長楕円形のやや扁平な川原石を主に用いている。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jjcg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)お墓(大人の墓)環状配石墓 環状配石墓(全景)
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jjc2.jpg
600×400、 143.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)お墓(大人の墓)環状配石墓
環状配石墓(全景)
周りを石で囲んだ、集落の有力者のものと考えられる墓が見つかった。直径が約4m程で土が盛られたものもある。これらの墓は、ならした土の上に粘土を貼り付けて作られた道路にそって並んでいる。写真はその道路跡と環状配石遺構の列である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jjc3.jpg
600×400、 141.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)お墓(大人の墓)環状配石墓
環状配石墓
土坑墓に伴なうと考えられる配石遺構が検出された。配石方法は土坑墓を一部囲むように、あるいは集石状であり、いずれも底面の低い側に置かれ、墓標的なものと考えられている。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jjc4.jpg
600×400、 162.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)お墓(大人の墓)環状配石墓
環状配石墓
環状配石遺構は標高19.2〜20.2mの範囲で南北方向横一列に並んで確認された。環状配石遺構の規模はいずれも直径4m強で、平均長26cm、長楕円形のやや扁平な川原石を主に用いている。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jjc5.jpg
600×400、 155.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)お墓(大人の墓)環状配石墓
環状配石墓
集落の西側から、周りを石で囲んだ、集落の有力者のものと考えられる墓が見つかった。直径が約4m程で土が盛られたものもある。これらは土を掘ってならし、その上に粘土がはりつけらた道路にそって並んでいる。これは道路跡と環状配石遺構の列である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jjc6.jpg
600×400、 153.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)お墓(大人の墓)環状配石墓
環状配石墓
土坑墓に伴なうと考えられる配石遺構が検出された。配石方法は土坑墓を一部囲むように、あるいは集石状であり、いずれも底面の低い側に置かれ、墓標的なものと考えられている。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jjc7.jpg
600×400、 164.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)お墓(大人の墓)環状配石墓
環状配石墓
土坑墓には付属施設としての配石を有するものも認められ、配石方法は土坑墓を一部囲むようなもの、あるいは石を積み集めたものがある。いずれも墓標的なものと考えられている。(写真提供:青森県教育庁文化課)