[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jcb1.jpg
600×400、 167.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(大型掘立柱建物)巨大木柱
巨大木柱 出土状況
全ての柱穴から木柱が出土した。木柱は柱穴底面のそれぞれ外側の土壁に接するように出土した。断面及び平面での柱痕跡の観察から、木柱は互いに北側の列は南側へ、南側の列は北側へと内側に2度前後傾いていることが判明した。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jcbg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(大型掘立柱建物)巨大木柱 巨大木柱 出土状況
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jcb2.jpg
600×400、 168.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(大型掘立柱建物)巨大木柱
巨大木柱 出土状況
柱穴の直径は約2m、深さは約2mで、中には直径が1m程のクリの木柱が残っていた。腐りにくいように木柱の周辺や底を焦がしてあり、また地下水位も高かったために現在まで残ったものと考えられる。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jcb3.jpg
600×400、 146.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(大型掘立柱建物)巨大木柱
巨大木柱(保存処理後)
各柱穴ともに底面は平坦で、壁は底面より直線的に外傾しながら立ち上がる。また、木柱を固定するための埋土は、黄褐色粘土を基調とし、部分的に砂の混入が認められる。保存状態の良好な木柱は径75〜103cmのクリの丸太材である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jcb4.jpg
600×400、 152.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(大型掘立柱建物)巨大木柱
巨大木柱(保存処理後)
柱の底面には長持ちをさせるためか、焼き加工を施した跡が見られる。柱穴の規模や柱の太さから、大型の高床建物であり、高さは20m程であった可能性が考えられる。また、周辺ではクリの巨木を使った大型の掘立柱建物跡が多数見つかっている。(写真提供:青森県教育庁文化課)