[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jhe1.jpg
600×400、 195.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(捨て場)縄文谷 出土状況
縄文谷 出土状況
縄文谷では、縄文時代の前期から中期にわたる大量の遺物が廃棄されていた。三内丸山遺跡では捨て場を中心として、これまでにダンボール箱約40000箱分の遺物が出土している。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jheg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(捨て場)縄文谷 出土状況 縄文谷 出土状況
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jhe2.jpg
600×400、 180.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(捨て場)縄文谷 出土状況
縄文谷 出土状況
谷の泥炭層は、水分が多く空気からさえぎられていたので、土器、石器の他に、通常では腐って残らない木製品や漆器、動物や魚の骨、植物の種子、木の実、寄生虫の卵などが良好な状態で発見された。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jhe3.jpg
600×400、 209.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(捨て場)縄文谷 出土状況
縄文谷 出土状況
谷の泥炭層は、水分が多く空気からさえぎられていたので、土器、石器の他に、通常では腐って残らない木製品や漆器、動物や魚の骨、植物の種子、木の実、寄生虫の卵などが良好な状態で発見された。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jhe4.jpg
600×400、 213.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(捨て場)縄文谷 出土状況
縄文谷 出土状況
谷の泥炭層は、水分が多く空気からさえぎられていたので、土器、石器の他に、通常では腐って残らない木製品や漆器、動物や魚の骨、植物の種子、木の実、寄生虫の卵などが良好な状態で発見された。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jhe5.jpg
600×400、 175.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(捨て場)縄文谷 出土状況
縄文谷 出土状況
縄文谷では、土壌を層ごとに面的に採取し、水洗、選別をおこない、植物・動物遺体を抽出している。植物遺体ではクリ・オニグルミなどの堅果類に混じって、ゴボウ・ヒョウタンの仲間・マメ科炭化種子が産出した。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jhe6.jpg
600×400、 190.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(捨て場)縄文谷 出土状況
縄文谷 出土状況
縄文谷では膨大な量の土器の他に、ニワトコなどの種子やオニグルミ核が集中して廃棄された箇所も確認された。その大きさは、直径約10〜30cmでニワトコ・ヤマブドウ・ヤマグワなどの種子が密集し土壌をあまり含まない。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jhe7.jpg
600×400、 176.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(捨て場)縄文谷 出土状況
縄文谷 出土状況
縄文谷の南側では、漆塗りの櫛、漆器、オール状木製品、ヘラ状木製品、加工痕のある木材の他、マダイの椎骨1個体分が連なった形で出土している。また、道路跡の西斜面からは土器に混じって漆器破片、編み物、針、釣針などの骨角器が出土した。(写真提供:青森県教育庁文化課)