[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jfb1.jpg
600×400、 142.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫群
調査区中央の柱穴群は、重複しながら東西約75m、南北約18m前後の範囲に検出された。これらは、主軸がほぼ東西を向き、棟方向に直列するように配置されている。三内丸山遺跡では、この縄文中期の掘立柱建物を高床倉庫として3棟復元している。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jfbg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物 高床倉庫群
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jfb2.jpg
600×400、 157.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫
遺跡では2種類の高床倉庫が復元されている。写真はその一つで、屋根を切妻とし、床は柱の貫穴に通した太い丸太に細目の丸太を半分に割ったものを乗せ、これらを6本の柱で支える構造になっている。屋根と壁は芽葺きとしている。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jfb3.jpg
600×400、 162.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫
柱穴の周辺、および内側には、炉跡、壁溝等の遺構、その他の生活の痕跡は検出されなかった。そのため、この掘立柱建物は高床の建物であった可能性が高いと考えられている。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jfb4.jpg
600×400、 149.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫
遺跡では2種類の高床倉庫が復元されている。写真はその一つで、屋根を寄棟の芽葺き、壁は丸太を積んだ構造とし、床は細目の丸太を半分に割ったものを用いている。また、床下の開口部を出入口としている。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jfb5.jpg
400×600、 177.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫 堀立柱
これは高床倉庫として復元された掘立柱建物の柱である。検出される木柱は太いもので直径65cm程で、大半はそれよりも若干細い。この柱6本で、長さ8.4m、幅4.2m、高さ約6mの建物を支えている。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jfb6.jpg
600×400、 141.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫 出入口(床下)
これは、床および壁を丸太を用いて復元した掘立柱建物の床下である。開口部は出入口となっている。この建物の用途としては、食料を納める倉庫、宗教的な儀式に使う用具置場、夏期に利用する住居など、いくつかの説がある。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jfb7.jpg
600×400、 183.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫 内部
これは、床および壁を丸太を用いて復元した掘立柱建物の内部である。内部に足を踏み入れると、冷んやりとした雰囲気に包まれる。構造材はすべてクリ材を用いている。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jfb8.jpg
400×600、 177.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫 小屋組
これは、床および壁を丸太を用いて復元した掘立柱建物の内部の小屋組みである。内部に足を踏み入れると、冷んやりとした雰囲気に包まれる。構造材はすべてクリ材を用いている。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jfb9.jpg
600×400、 198.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫 内部
これは、壁および屋根を芽葺きで復元した掘立柱建物の内部である。内部に足を踏み入れると、冷んやりとした雰囲気に包まれる。構造材はすべてクリ材を用いている。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jfba.jpg
600×400、 195.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫 小屋組
これは、壁および屋根を芽葺きで復元した掘立柱建物の内部の小屋組みである。内部に足を踏み入れると、冷んやりとした雰囲気に包まれる。構造材はすべてクリ材を用いている。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

動画
k-jfbb.mpg
320×240、 2.00MB

三内丸山遺跡(縄文時代)
集落(高床倉庫群)復元建物
高床倉庫
2種類の高床倉庫の復元を行った。1つは屋根を切妻とし、床は柱の貫穴に通した太い丸太に細目の丸太を半分に割ったものを乗せ、屋根と壁は芽葺きとした。もう一つは、屋根を寄棟とし、壁は丸太を積んだ構造で復元した。映像は後者のものである。(撮影協力:青森県教育庁文化課)