[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jef1.jpg
600×400、 118.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)復元工事
竪穴住居の復元模型
竪穴住居の大きさは直径が約3m、床面積が10uでちょうど6畳一間くらいの広さである。丸太はクリを用い、フジのつるやフジの繊維で作った縄で縛ってある。写真はその復元模型である。(所蔵先:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jefg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)復元工事 竪穴住居の復元模型
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jef2.jpg
600×400、 174.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)復元工事
竪穴住居(柱の組上げ)
三内丸山遺跡では5棟の竪穴住居を復元している。床は地面を掘り下げて作り、その中央に炉を設け、周囲に柱を立て、円錐状に屋根を葺いたものである。写真は柱組みを施工している様子である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jef3.jpg
600×400、 190.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)復元工事
竪穴住居(横桟の取り付け)
三内丸山遺跡では5棟の竪穴住居を復元している。床は地面を掘り下げて作り、その中央に炉を設け、周囲に柱を立て、円錐状に屋根を葺いたものである。また、丸太はクリを用い、各部材間はフジのつるやフジの繊維で作った縄で縛っている。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jef4.jpg
600×400、 148.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)復元工事
竪穴住居(出入口の造作・近景)
三内丸山遺跡では5棟の竪穴住居を復元している。床は地面を掘り下げて作り、その中央に炉を設け、周囲に柱を立て、円錐状に屋根を葺いたものである。写真は出入口の軒先を施工している様子である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jef5.jpg
600×400、 143.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)復元工事
竪穴住居(出入口の造作)
三内丸山遺跡では5棟の竪穴住居を復元している。床は地面を掘り下げて作り、その中央に炉を設け、周囲に柱を立て、円錐状に屋根を葺いたものである。写真は出入口の軒先を施工している様子である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jef6.jpg
600×400、 174.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)復元工事
竪穴住居(屋根葺き)
三内丸山遺跡では5棟の竪穴住居を復元している。床は地面を掘り下げて作り、その中央に炉を設け、周囲に柱を立て、円錐状に屋根を葺いたものである。写真は屋根を葺いている様子である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jef7.jpg
600×400、 153.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)復元工事
竪穴住居(屋根葺き)
三内丸山遺跡では5棟の竪穴住居を復元している。床は地面を掘り下げて作り、その中央に炉を設け、周囲に柱を立て、円錐状に屋根を葺いたものである。写真は屋根を葺いている様子である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jef8.jpg
600×400、 115.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)復元工事
竪穴住居(復元・仕上げ)
三内丸山遺跡では5棟の竪穴住居を復元している。床は地面を掘り下げて作り、その中央に炉を設け、周囲に柱を立て、円錐状に屋根を葺いたものである。写真は完成間近の竪穴住居である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jef9.jpg
600×400、 134.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)復元工事
竪穴住居(復元・完成)
三内丸山遺跡では5棟の竪穴住居を復元している。床は地面を掘り下げて作り、その中央に炉を設け、周囲に柱を立て、円錐状に屋根を葺いたものである。写真は平成7年に復元された竪穴住居である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

動画
k-jefa.mpg
320×240、 925.1KB

三内丸山遺跡(縄文時代)
集落(竪穴住居群)復元工事
竪穴住居の柱組み
竪穴住居は直径が約3m、床面積が10uでちょうど6畳一間くらいの広さである。三内丸山遺跡では5棟の竪穴住居を復元している。丸太はクリを用い、フジのつるで作った縄で縛ってある。時期によっては、内部に主柱穴を持つものもある。(資料提供:青森県教育庁文化課)