[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jea1.jpg
600×400、 179.5KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
遺構確認状況
縄文時代の家は、地面を掘り下げて床を作った竪穴住居が普通である。写真は発掘範囲の基準となる確認線である。地面に書かれた番号に付随する「H」の記号は「住居」を意味する。様々な時期の住居跡が折り重なって検出されている事がわかる。(写真提供:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jeag11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡 遺構確認状況
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jea2.jpg
600×400、 146.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
竪穴住居跡
縄文時代の家は、地面を掘り下げて床を作った竪穴住居が普通である。竪穴住居跡は時代により形や構造が変化する。特に炉は、地面を掘ったもの、土器片を敷き詰めたもの、石で囲ったものなどがある。写真中央に土器片を敷き詰めた炉を確認できる。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jea3.jpg
600×400、 125.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
竪穴住居跡
縄文時代の家は、地面を掘り下げて床を作った竪穴住居が普通である。三内丸山遺跡で発見された竪穴住居跡は約600棟にのぼり、遺跡全体では1000棟を越すとみられている。写真の住居跡の中央には土器を埋め込んだ炉の跡が見られる。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jea4.jpg
600×400、 180.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
竪穴住居跡
縄文時代の家は、地面を掘り下げて床を作った竪穴住居が普通である。縄文時代中期の住居跡は円形、または楕円形を呈することが多く、主柱穴は4本柱が基本となっている。写真は楕円形の住居跡である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jea5.jpg
600×400、 157.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
竪穴住居跡
縄文時代の家は、地面を掘り下げて床を作った竪穴住居が普通である。多くの住居跡を調査することで、平面形、柱穴の配置、炉の形態などの変遷を把握する事ができる。写真の住居跡は明確な柱穴の配置を持っている。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jea6.jpg
600×400、 195.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
竪穴住居跡
縄文時代の家は、地面を掘り下げて床を作った竪穴住居が普通である。竪穴住居跡は時代により形や構造が変化する。また、住居跡からは多くの土器片が出土し、当時の縄文人の生活を窺い知ることができる。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jea7.jpg
600×400、 184.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
竪穴住居跡
縄文時代の家は、地面を掘り下げて床を作った竪穴住居が普通である。三内丸山遺跡で発見された竪穴住居跡は約600棟にのぼり、遺跡全体では1000棟を越すとみられている。写真の住居跡の中央には土器を埋め込んだ炉の跡が見られる。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jea8.jpg
600×400、 187.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
竪穴住居跡
縄文時代の家は、地面を掘り下げて床を作った竪穴住居が普通である。写真のような複雑な柱穴の配置は、様々な時期の住居跡が折り重なっている事を示しており、多くの住居跡を調査することで、その変遷を把握する事ができる。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jea9.jpg
600×400、 126.3KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
竪穴住居跡
縄文時代の家は、地面を掘り下げて床を作った竪穴住居が普通である。三内丸山遺跡で発見された竪穴住居跡は約600棟にのぼり、その立地、及び、形や構造は時代により様々である。(写真提供:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jeaa.jpg
400×600、 113.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
竪穴住居跡・出土土器 実測図
縄文時代前期の竪穴住居跡、および出土土器の実測図である。ほぼ楕円形で、長軸が5.75m、短軸は4.68m、床面積は10.6uである。また、円筒下層式土器が多数出土している。(資料提供:青森県教育庁文化課)

動画
k-jeab.mpg
320×240、 1.73MB

三内丸山遺跡(縄文時代)
集落(竪穴住居群)竪穴住居跡
竪穴住居 発掘作業
縄文時代の家は、地面を掘り下げて床を作った竪穴住居が普通である。三内丸山遺跡では約600棟分の竪穴住居跡が発見されており、その発掘作業はボランティアの人々により、大規模な範囲で行われた。(資料提供:青森県教育庁文化課)