[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jag1.jpg
600×400、 146.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要検証・分類作業
検証(柱穴の推測)
掘立柱建物跡に検出された柱穴は、重複が激しく、かつ広がりをもって分布する。室内作業では発掘された無数の柱穴の位置を図面上で検証し、そこにあった建物の配置と時代を判別する。(撮影協力:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jagg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要検証・分類作業 検証(柱穴の推測)
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jag2.jpg
600×400、 141.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要検証・分類作業
検証作業
発掘された無数の柱穴の位置を図面上で検証し、そこにあった建物の配置と時代を判別する。また、調査現場で記録した図面のグリッド・セクションポイントの確認を行い、標高の割り出しなども行う。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jag3.jpg
600×400、 148.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要検証・分類作業
種子の分類作業
分析は大きな流れとして水洗→分類→計量→同定→集計と進む。魚骨(うろこを含む)、獣骨、貝、昆虫、サナギ、虫卵、植物遺体、炭化材、木製品、骨角器、土器、石器、薄片、チップ、礫などを選別する。写真は種子の分類作業である。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jag4.jpg
600×400、 161.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要検証・分類作業
分類サンプル(種子)
分析は大きな流れとして水洗→分類→計量→同定→集計と進む。豊富な植物遺体・動物遺体は当時の気候、集落周辺の自然環境、食生活、生業などの姿を復元することが可能である。特に栽培植物は縄文文化を定義する上で重要である。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jag5.jpg
600×400、 110.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要検証・分類作業
土の分類作業
分析は大きな流れとして水洗→分類→計量→同定→集計と進む。魚骨(うろこを含む)、獣骨、貝、昆虫、サナギ、虫卵、植物遺体、炭化材、木製品、骨角器、土器、石器、薄片、チップ、礫などを選別する。写真は土の分類作業である。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jag6.jpg
600×400、 204.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要検証・分類作業
分類サンプル(砂)
膨大な量の遺物の情報分析を通じて、縄文時代の物質文化の実態や技術史の発達も検討できる。自然科学的な分析の導入と詳細な調査・分析が行われることにより、具体的な縄文社会が復元される。写真は砂の分類サンプルである。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jag7.jpg
600×400、 185.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要検証・分類作業
分類サンプル(石)
三内丸山遺跡から出土する膨大な量の遺物の情報分析を通じて、縄文時代の物質文化の実態や技術史の発達も検討できる。今後より自然科学的な分析の導入と詳細な調査・分析が行われることにより、具体的な縄文社会が復元されるものと考えられる。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jag8.jpg
600×400、 164.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要検証・分類作業
分類サンプル(種子)
植物についての情報は、主として花粉、種子、果実、木材といった種子植物の遺体、および珪藻などの藻状植物の遺体から得ることができる。種子植物の遺体は、植生の配置と変遷、および植物の利用のされ方を解明する上で欠かすことができない。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jag9.jpg
600×400、 180.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要検証・分類作業
分類サンプル(植物遺体)
三内丸山遺跡では、植物遺体群の保存が良好な場所での詳細な調査を当初から実施し、それぞれの植物遺体群を総合して、人間を含む生態系の時間空間的変化を捉えようとしてきた。そのため、これまでに膨大な植物遺体群の資料を蓄積している。(所蔵先:青森県教育庁文化課)