[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-jaf1.jpg
400×600、 130.2KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要トレース作業
トレース作業
出土品は水洗い、乾燥された後、出土場所や出土層の深さ、番号などが一点毎に注記される。その後、復元された遺物は、実測、トレース、写真撮影により記録される。写真のように遺物のトレースは専用の機材を用いて行う。(撮影協力:青森県教育庁文化課)
関連資料
k-jafg11.txt
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要トレース作業 トレース作業
英語説明文と日本語訳

静止画
k-jaf2.jpg
600×400、 151.6KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要トレース作業
石器のトレース
出土した遺物は、実測、トレース、写真撮影により記録される。写真は遺物を紙面に置き、トレースを行っている様子である。トレース図は他の資料と共に発掘調査報告書という学術書として印刷、刊行される。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jaf3.jpg
600×400、 125.4KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要トレース作業
石器のトレース・実測作業
出土した遺物は、実測、トレース、写真撮影により記録する。実測を行う際には、様々な器具を用い、正確な寸法を読み取る。計測結果は他の資料と共に発掘調査報告書という学術書として印刷、刊行される。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jaf4.jpg
600×400、 140.9KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要トレース作業
石器のトレース
出土品は水洗い、乾燥された後、出土場所や出土層の深さ、番号などが一点毎に注記される。その後、復元された遺物は、実測、トレース、写真撮影により記録される。写真は方眼紙に遺物の詳細をトレースしている様子である。(撮影協力:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jaf5.jpg
600×400、 152.1KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要トレース作業
石器のトレース図
出土品は出土場所や出土層の深さ、番号などが一点毎に注記される。三内丸山遺跡では、自然堆積土層については上位から下位へT・U・Vとアラビア数字を、遺構内の覆土については同じく上位から下位へ1・2・3と算用数字を付す事としている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jaf6.jpg
600×400、 178.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要トレース作業
石器のトレース図
出土品は出土場所や出土層の深さ、番号などが一点毎に注記される。三内丸山遺跡では、自然堆積土層については上位から下位へT・U・Vとアラビア数字を、遺構内の覆土については同じく上位から下位へ1・2・3と算用数字を付す事としている。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jaf7.jpg
600×400、 97.8KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要トレース作業
土器のトレース図
復元された土器は、実測、トレース、写真撮影により記録される。特に土器に施された文様は、その時代を推測する上で重要な役割を果たす。トレース図は他の資料と共に発掘調査報告書という学術書として印刷、刊行される。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jaf8.jpg
600×400、 95.7KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要トレース作業
いろいろな土器のトレース図
復元された土器は、実測、トレース、写真撮影により記録される。熟練したスタッフによって時間をかけて一点一点、丁寧に計測、トレースが行われる。トレース図は他の資料と共に発掘調査報告書という学術書として印刷、刊行される。(所蔵先:青森県教育庁文化課)

静止画
k-jaf9.jpg
600×400、 162.0KB
三内丸山遺跡(縄文時代)全体概要トレース作業
土器の実測図
復元された土器は、実測、トレース、写真撮影により記録される。特に土器に施された文様は、その時代を推測する上で重要な役割を果たす。土器など器状の遺物については断面の厚みも記録される。(所蔵先:青森県教育庁文化課)