[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
r-asf1.mpg
320×240、 2.23MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
飛鳥時代食事
食器:飛鳥時代
食器は,土師器(はじき)というす焼きの器と須恵器(すえき)という高熱で焼かれた器,そして木製の器が使われた。食器の種類も多かった。上に盛る食べ物は,焼もの,生もの,汁(しる)ものなどで,器は調理によって使い分けられていた。協力:奈良国立文化財研究所

動画
r-asf2.mpg
320×240、 2.79MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
飛鳥時代食事
米(赤米)をたく:飛鳥時代
米を炊くには,火をおこすためのかまど,湯をわかすかめ,米を入れる甑(こしき)という三つの土器が使われた。こしきは底に穴のあいた板をのせ,さらにその上に布をしいて,米(赤米)を入れ,ふたをし,下からの湯気(ゆげ)でむした。協力:奈良県・飛鳥資料館

動画
r-asf3.mpg
320×240、 2.32MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
飛鳥時代食事
下級役人の食事:飛鳥時代
主食は玄米(げんまい)で,副食はいわしのにつけ,かぶのすの物,みそ汁,きゅうりの塩づけ,そしてお酒(にごり酒)と調味料としての塩がある。はしはまだ使われていなかった。木製のさじは出土している。当時は一日二食であった。協力:奈良国立文化財研究所

動画
r-asf4.mpg
320×240、 2.33MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
飛鳥時代食事
庶民の食事:飛鳥時代
都での仕事に地方からかり出されてきた庶民たちの食事は,玄米(げんまい)に塩,わかめやその他の海草の汁(しる),そしてゆでた青菜や山菜程度のものだった。時には,川魚やしかなども食べた。協力:奈良国立文化財研究所