[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
r-edw1.mpg
320×240、 2.81MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代衣服(武士・武家の女性の服)
武士の服の着付け:江戸時代
下着の上に黒の小袖(こそで)を着る。大名の位で着る服が厳しく決められていた。羽織(はおり)には大名の家紋(かもん)が染められている。家紋は自分の家を表すマーク。刀には,ふくろがかぶせられ,手には指揮をする房(ふさ)をもっている。協力:平安神宮平安講社

動画
r-edw2.mpg
320×240、 2.65MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代衣服(武士・武家の女性の服)
武士の服:江戸時代
徳川幕府から将軍の代わりに天皇家にあいさつに行った時の大名の旅姿である。頭には陣笠(じんがさ)をかぶり,黒の羽織(はおり),野袴(のばかま)を着ている。協力:平安神宮平安講社

動画
r-edw3.mpg
320×240、 2.66MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代衣服(武士・武家の女性の服)
武家の女性の着付け:江戸時代
上級武家の女性が着た打掛(うちかけ)も,その下に着た小袖(こそで)もこの頃はすべて絹織物となった。大きく結(ゆ)いあげた髪型(かみがた)を守るため,襟(えり)の後ろを開いた着方をする。扇子(せんす)を持つのも武家の女性の身だしなみの一つ。協力:京都織物商協会

動画
r-edw4.mpg
320×240、 2.35MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代衣服(武士・武家の女性の服)
武家の女性の髪型:江戸時代
江戸時代になると女性の髪型(かみがた)に変化が現れた。これまでは長い髪を後ろでたばねていたが,この頃になると髪をゆるやかに頭の上でまとめた髷(まげ)を結(ゆ)うようになった。この髪の形はその一つで,勝山髷(かつやままげ)という。ねるときには注意が必要だった。

動画
r-edw5.mpg
320×240、 2.70MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代衣服(武士・武家の女性の服)
武家の女性の服:江戸時代
武家の奥方(おくがた)が外出する時に着た打掛(うちかけ)姿である。ふところには武士の妻としての身だしなみの小刀をもっている。協力:京都織物商協会