[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
r-edw6.mpg
320×240、 2.75MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代衣服(町人の服)
町人の女性の着付け:江戸時代
巾(はば)が広くなり,美しさを増した帯(おび)はさまざまな結び方ではなやかさを増した。前結び,横結び,後ろ結びと,時代がたつにつれて帯の結び方も変わっていった。協力:平安神宮平安講社

動画
r-edw7.mpg
320×240、 2.79MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代衣服(町人の服)
町人の女性の髪型:江戸時代
豊かになった町人の女性は,髪型(かみがた)におしゃれをした。頭の左右両側の鬢(びん)を大きくふくらませたり,前髪を大きく髷(まげ)にするなどの流行を生み出した。油で髪型がくずれないようにもした。櫛(くし)や笄(こうがい)で髪をかざるのもこのころからである。

動画
r-edw8.mpg
320×240、 2.73MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代衣服(町人の服)
町人の女性の服:江戸時代
戦いがなくなったこの時代は町人が豊かになり,女性もおしゃれに気を使うようになった。木綿(もめん)のつむぎ方や染め方も進歩し,特に帯(おび)は着物の下にかくさずに,おしゃれのポイントになった。帯(おび)は太くなって美しさが増した。協力:平安神宮平安講社