[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
r-edhg.mpg
320×240、 1.49MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代住居(商人の家)
豪商の家の外観:江戸時代
蔵宿(くらやど)といって,金融(きんゆう)業を営んでいた大商人の家である。2階建てで,屋根には,火事の延焼(えんしょう)などにそなえて,軽い瓦(かわら)が使われた。下部を石でかためた大きな倉庫がつくられていた。協力:石川県・金沢市教育委員会・百萬石文化園

動画
r-edhh.mpg
320×240、 2.65MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代住居(商人の家)
豪商の家の内部:江戸時代
げんかんからは外の様子がわかるような工夫がされていた。てんじょうは高く,荷物をつり上げる工夫がされていた。奥にはくらもあった。主人の部屋には上級武士だけに許されていたしゅ色の床の間(とこのま)があった。協力:石川県・金沢市教育委員会・百萬石文化園

動画
r-edhi.mpg
320×240、 2.23MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代住居(商人の家)
豪商の家の二階、茶室:江戸時代
二階は畳(たたみ)じきのりっぱな客間がつくられ,奥には茶室を設(もう)けていた。豊かな町人は,外側から見えないところで,武士以上のぜいたくをしていた。協力:石川県・金沢市教育委員会・百萬石文化園

動画
r-edhj.mpg
320×240、 2.69MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代住居(商人の家)
豆を売る家の外観:江戸時代
あずきやだいずなど米以外の穀物(こくもつ)を売っていた商人の家。板じきの店には,大小の桶(おけ)に穀物を入れて並べていた。屋根や壁(かべ)すべてが板でつくられていた。協力:石川県・金沢市教育委員会・百萬石文化園

動画
r-edhk.mpg
320×240、 2.63MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
江戸時代住居(商人の家)
豆を売る家の内部:江戸時代
広い板じきの店の奥は,板張りの事務所,帳場(ちょうば)があり,横には,二つのかまどをもった土間(どま)の台所がある。外から見えない,いちばん奥に畳(たたみ)じきのりっぱな主人の部屋がある。協力:石川県・金沢市教育委員会・百萬石文化園