[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
r-hew8.mpg
320×240、 1.54MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
平安時代衣服(絵の中の人々)
絵の中の貴族の女性:平安時代
源氏物語絵巻には,さまざまな女性たちが描かれていて,当時の貴族が,どんな色やどんな柄(がら)の十二単(じゅうにひとえ)を好んでいたのかがわかる。協力:徳川黎明会

動画
r-hew9.mpg
320×240、 2.70MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
平安時代衣服(絵の中の人々)
庶民の服:平安時代
町の人々の服装は貴族よりも動きやすそうだ。着物のすそを帯にはさみ,たけを短くして街の中を歩く女,着物1枚に腰布(こしぬの)をつけて働く女,袴(はかま)をはき,水干(すいかん)という動きやすい服を着る男,袴のすそを結んで短くした子供がいる。協力:大阪府・四天王寺