[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
r-kmw1.mpg
320×240、 2.45MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
鎌倉時代衣服
武士の服を着る:鎌倉時代
直垂(ひたたれ)は,まず,上衣(うえのきぬ)とよぶ服をからだの前面で重ね合わせ,次に,ずぼんのような袴(はかま)の中に,そのすそを入れる。上衣のひもを胸のあたりでしっかり結び,袴も足首のところでしっかり結ぶ。太刀(たち)をこしにつける。協力:平安神宮平安講社

動画
r-kmw2.mpg
320×240、 2.12MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
鎌倉時代衣服
武士の服:鎌倉時代
武士の服装は庶民(しょみん)の服のように動きやすい。これは,武士のふだん着の直垂(ひたたれ)姿である。襟(えり)が真っ直ぐ(まっすぐ)垂(た)れているので,「直垂(ひたたれ)」と書く。頭には,折烏帽子(おりえぼし)という帽子をかぶる。協力:平安神宮平安講社

動画
r-kmw3.mpg
320×240、 2.79MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
鎌倉時代衣服
流鏑馬(やぶさめ)の服を着る:鎌倉時代
流鏑馬(やぶさめ)とは,走る馬の上から的(まと)にめがけて矢を放つ武士の芸(げい)である。このときの服装は,直垂(ひたたれ)という上下の服を着て,手には手ぶくろ,うでには射籠手(いごて),足には行縢(むかばき)という武具をつける。協力:神奈川県・鶴岡八幡宮

動画
r-kmw4.mpg
320×240、 2.52MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
鎌倉時代衣服
武家の女性の服を着る:鎌倉時代
外出の服装である壷装束(つぼしょうぞく)はたけの長い着物を,こしのあたりをひもで結び,その上からふくらませて出し整える。日よけのための市女笠(いちめがさ)をかぶり,つえを持つ。うすい布をたらすのは,身分をかくすのと,日よけ,虫よけのため。協力:平安神宮平安講社

動画
r-kmw5.mpg
320×240、 2.68MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
鎌倉時代衣服
武家の女性の服:鎌倉時代
武家や貴族など上流階級の女性の外出の服装である壷装束(つぼしょうぞく)は,もともと,たけの長く,袖口(そでぐち)も大きい着物を,活動しやすいように改良している。市女笠(いちめがさ)をかぶり,うすい布をたらして,顔をおおった。協力:平安神宮平安講社

動画
r-kmw6.mpg
320×240、 2.42MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
鎌倉時代衣服
下級武士の服:鎌倉時代
下級武士や庶民(しょみん)の服装は,小袖(こそで)と袴(はかま)が一般的になった。小袖とは袖の小さい服。今の着物ににている。この男は折烏帽子(おりえぼし)をかぶり,こしには火打ちぶくろを下げ,腰刀(こしがたな)を差している。協力:平安神宮平安講社

動画
r-kmw7.mpg
320×240、 1.98MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
鎌倉時代衣服
庶民の女性の服:鎌倉時代
庶民(しょみん)の女性の服装も小袖(こそで)が中心になった。桂女(かつらめ)は都でアユやアメを売り歩いた。町中を歩き回るので,足元を動きやすくするため,すそをたくしあげる。頭をおおう白い布は長い髪を頭上でととのえおおうためのもの。協力:平安神宮平安講社