[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
r-mrf7.mpg
320×240、 2.79MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
室町時代食事(武士や庶民(しょみん)の食事)
絵の中の武士の食事:室町時代
1日の食事が2回から3回になった。品数も豊富になり,武士の家では,専門の料理人が食事をつくるようになった。上級武士は畳(たたみ)の部屋で,大小の膳(ぜん)に並べられたごはんや汁(しる)もの,おかずを食べていた。協力:京都府・三時知恩寺

動画
r-mrf8.mpg
320×240、 2.69MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
室町時代食事(武士や庶民(しょみん)の食事)
武士の食事:室町時代
実用を重んじる武士は,質素(しっそ)だが栄養のあるものを食べていた。主食は玄米(げんまい)をかために煮(に)たおかゆ。おかずはあじの焼いたもの。煮なすや野菜の煮物(にもの)。大根の漬物(つけもの)と梅干(うめぼし)。味つけに醤(ひしお)や塩をつけて食べた。

動画
r-mrf9.mpg
320×240、 1.84MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
室町時代食事(武士や庶民(しょみん)の食事)
庶民の食事−鍛冶(かじ)屋の例:室町
これは,職人のお祝いの日の夕食を想像してつくったものである。たいの塩焼き,こんぶ・ごぼう・いもづるの煮(に)しめ,たこのなます,はまぐりとみつばのすまし汁(じる)がある。協力:広島県立歴史博物館

動画
r-mrfa.mpg
320×240、 1.39MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
室町時代食事(武士や庶民(しょみん)の食事)
庶民の食事−足駄(あしだ)屋の例:室町
これは,職人のふだんの夕食を想像してつくったものである。麦と米を混ぜたごはん,焼きはぜ,ささげの塩づけ,しじみとせりのすまし汁(じる)がある。協力:広島県立歴史博物館

動画
r-mrfb.mpg
320×240、 2.27MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
室町時代食事(武士や庶民(しょみん)の食事)
庶民の食事−塗師(ぬし)屋の例:室町
これは,精進(しょうじん)料理といって,動物や鳥はもとより,魚や貝など生き物を殺して料理しない料理である。麦と米を混ぜたごはん,そうめん,高野豆腐(こうやどうふ),ふきのおひたし,にらとわかめのすまし汁(じる)である。協力:広島県立歴史博物館