[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
r-mrfc.mpg
320×240、 2.63MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
室町時代食事(懐石料理)
懐石料理屋と料理:室町時代
和食の基本ができあがったのがこの時代。茶道(さどう)の流行とともに始まった懐石料理(かいせきりょうり)は,あたためた石でお腹をあたためるのと同じように,空腹をゆっくり満たす料理という意味だった。料亭「近又」の現在の懐石料理フルコースである。協力:京都府・近又

動画
r-mrfd.mpg
320×240、 2.23MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
室町時代食事(懐石料理)
懐石料理のコース(前半):室町時代
懐石(かいせき)料理では,季節の食材,料理や食器の色や形,香(かおり),そして,一品ずつ順番に味を楽しむ。冬の懐石料理の例である。かずのこやしいたけ,えびの先付(さきづけ),かきとかぶらの椀物(わんもの),刺身(さしみ)の向付(むこうづけ)。協力:京都府・近又

動画
r-mrfe.mpg
320×240、 2.79MB

調べてみよう! 日本人のくらしの移り変わり
室町時代食事(懐石料理)
懐石料理のコース(後半):室町時代
料理の後半は,あなごとゆりねの蒸物(むしもの),おいもの揚物(あげもの),なますの一品,かぶらの焚合(たきあわせ),まぐろの焼物(やきもの),白みその汁物(しるもの),かにごはんと香物(こうのもの),そしてデザートの水物(みずもの)である。協力:京都府・近又