[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
u-ul1.mpg
320×240、 1.30MB

自然現象
気象
草原の落雷
撮影日:不明 撮影場所:不明 雷雲と地上の間の電圧が大きくなり絶縁が壊れると放電が起きます。放電は雲と地上の間をくり返しながら進み地上に到達します。しかし、人間にはこのくり返しは速すぎて見えず、一本の稲妻のように見えます。(時間を縮めています。)

動画
u-ul2.mpg
320×240、 597.0KB

自然現象
気象
連続した落雷
撮影日:不明 撮影場所:不明 雷雲と地上の間の電圧が大きくなり絶縁が壊れると放電が起きます。放電は雲と地上の間をくり返しながら進み地上に到達します。しかし、人間にはこのくり返しは速すぎて見えず、一本の稲妻のように見えます。(時間を縮めています。)

動画
u-ul3.mpg
320×240、 929.1KB

自然現象
気象
都市部の落雷
撮影日:不明 撮影場所:不明 雷雲と地上の間の電圧が大きくなり絶縁が壊れると放電が起きます。放電は雲と地上の間をくり返しながら進み地上に到達します。しかし、人間にはこのくり返しは速すぎて見えず、一本の稲妻のように見えます。(時間を縮めています。)

動画
u-ul4.mpg
320×240、 1.37MB

自然現象
気象
雷が起きるまで(CG)
雷の原因となる積乱雲は、熱上昇気流・山を吹き上がる風などに伴って発生します。積乱雲の中にプラスとマイナスの電気が溜っていくと、雲と雲の間や雲と大地との間で放電が起こります。「稲光」は放電現象の火花、「落雷」は、雲と大地の間の放電です。

静止画
u-ul5a.jpg
600×400、 122.8KB
自然現象気象
積乱雲の中(CGテロップ 有)
上昇気流によって、積乱雲(雷雲)が発生します。雲の上のほうでは氷の結晶が衝突し摩擦によってプラスの静電気が発生し、雲の下方では水滴が凍ることで、マイナスの静電気が発生すると言われています。

静止画
u-ul5b.jpg
600×400、 86.3KB
自然現象気象
積乱雲の中(CGテロップ 無)
上昇気流によって、積乱雲(雷雲)が発生します。雲の上のほうでは氷の結晶が衝突し、摩擦によってプラスの静電気が発生し、雲の下方では水滴が凍ることで、マイナスの静電気が発生すると言われています。

静止画
u-ul6a.jpg
600×400、 119.8KB
自然現象気象
積乱雲の中の雷(CGテロップ 有)
発生したプラスの電気は雲の上方に、マイナスの電気は下方に溜まり、その間の電圧が大きくなります。絶縁が壊れると雲と雲の間や雲と大地との間で放電が起こります。

静止画
u-ul6b.jpg
600×400、 90.8KB
自然現象気象
積乱雲の中の雷(CGテロップ 無)
発生したプラスの電気は雲の上方に、マイナスの電気は下方に溜まり、その間の電圧が大きくなります。絶縁が壊れると雲と雲の間や雲と大地との間で放電が起こります。