[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
u-ue1.mpg
320×240、 1.52MB

自然現象
天体地球と惑星
惑星と地球の位置関係(通抜け)(CG)
惑星は、太陽に近い方から、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の順に並んでいます。その距離は、約60億kmにも及びます。海王星と冥王星は、順序が入れ替わることがあります。

静止画
u-ue2a.jpg
600×400、 101.2KB
自然現象天体地球と惑星
惑星の順番(CGテロップ 有)
惑星は、太陽に近い方から、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の順に並んでいます。その距離は、約60億kmにも及びます。海王星と冥王星は、順序が入れ替わることがあります。

静止画
u-ue2b.jpg
600×400、 68.8KB
自然現象天体地球と惑星
惑星の順番(CGテロップ 無)
惑星は、太陽に近い方から、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の順に並んでいます。その距離は、約60億kmにも及びます。海王星と冥王星は、順序が入れ替わることがあります。

動画
u-ue3.mpg
320×240、 1.22MB

自然現象
天体地球と惑星
惑星と地球の位置関係(CG)
太陽系の惑星は、太陽を中心に公転しています。公転周期は太陽に近いほど短く、遠いほど長くなります。地球は1年で太陽の周りを1周しますが、太陽に最も近い水星は88日、最も遠い冥王星は、約248年もかかります。

静止画
u-ue4a.jpg
600×400、 121.2KB
自然現象天体地球と惑星
惑星の位置(CGテロップ 有)
太陽系にある、惑星や衛星の軌道はほぼ平面状にあることから、太陽系は円盤のようなものと考えられています。その広がりを冥王星の軌道くらいまでと考えると、半径約60億kmにも及ぶ広い空間になります。

静止画
u-ue4b.jpg
600×400、 85.6KB
自然現象天体地球と惑星
惑星の位置(CGテロップ 無)
太陽系にある、惑星や衛星の軌道はほぼ平面状にあることから、太陽系は円盤のようなものと考えられています。その広がりを冥王星の軌道くらいまでと考えると、半径約60億kmにも及ぶ広い空間になります。

静止画
u-ue5a.jpg
600×400、 124.5KB
自然現象天体地球と惑星
惑星の位置(上方)(CGテロップ 有)
太陽系の惑星の公転軌道は、ほぼ一つの平面上に並び、北極星側から見ると左回りで円に近い楕円を描いています。しかし、冥王星の公転はやや細長い楕円軌道で、1979年から1999年までの約20年間、海王星より太陽に近くなっていました。

静止画
u-ue5b.jpg
600×400、 86.8KB
自然現象天体地球と惑星
惑星の位置(上方)(CGテロップ 無)
太陽系の惑星の公転軌道は、ほぼ一つの平面上に並び、北極星側から見ると左回りで円に近い楕円を描いています。しかし、冥王星の公転はやや細長い楕円軌道で、1979年から1999年までの約20年間、海王星より太陽に近くなっていました。