[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
p1wsa1.mpg
320×240、 2.99MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー魚をとる人
底曳き網(遠洋漁業)の漁師
朝9時に出港して、約12時間かけて済州島の東まで行き、網を海に入れます。着いたら1時間50分の間、網を船で曳きます。その後、魚を整理して箱詰めします。その繰り返しを約50日間行って帰港します。
関連資料
p1gsc2.mpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 底曳き網(遠洋漁業)の漁師
[漁法]以西底曳き網漁の様子(動画)
この画像は私たちと水産業(長崎)漁業漁法の種類2 に収録されているものです。
説明文等は収録先でご覧ください。
関連資料
p1wsa1g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 底曳き網(遠洋漁業)の漁師
この動画のスタート画面で、遠洋漁業(以西底曳き網漁)の船長(静止画)
関連資料
p1wsa1g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 底曳き網(遠洋漁業)の漁師
漁船の出港を見送る家族の様子(静止画)
関連資料
p1wsa1g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 底曳き網(遠洋漁業)の漁師
以西底曳き網漁の様子(静止画)

動画
p1wsa2.mpg
320×240、 3.07MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー魚をとる人
底曳き網(沿岸漁業)の漁師
底曳き網漁では網を海底に沈めロープで曳きますが、そのロープの長さが季節によって違います。これは魚のいる深さが夏と冬で違う為です。また近年は海の魚の数が減ってきており、沿岸漁業の漁獲量も減少しています。
関連資料
p1gsb5.mpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 底曳き網(沿岸漁業)の漁師
[漁法]底曳き網漁の様子(動画)
この画像は私たちと水産業(長崎)漁業漁法の種類1 に収録されているものです。
説明文等は収録先でご覧ください。
関連資料
p1wsa2g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 底曳き網(沿岸漁業)の漁師
この動画のスタート画面で、沿岸漁業(底曳き網漁)の漁師(静止画)
関連資料
p1wsa2g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 底曳き網(沿岸漁業)の漁師
底曳き網漁の様子(静止画)
関連資料
p1wsa2g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 底曳き網(沿岸漁業)の漁師
底曳き網でとれた魚(静止画)

動画
p1wsa3.mpg
320×240、 3.07MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー魚をとる人
一本釣りの漁師
一本釣りは魚との知恵比べで、むずかしい漁法です。昭和42年に漁を始めたころより海の魚が減ってきているのでさらに大変です。
関連資料
p1wsa3g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 一本釣りの漁師
この動画のスタート画面で、一本釣りの漁師(静止画)
関連資料
p1wsa3g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 一本釣りの漁師
一本釣りの様子1(静止画)
関連資料
p1gsb1.mpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 一本釣りの漁師
[漁法]一本釣りの様子(動画)
この画像は私たちと水産業(長崎)漁業漁法の種類1 に収録されているものです。
説明文等は収録先でご覧ください。
関連資料
p1wsa3g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 一本釣りの漁師
一本釣りの様子2(静止画)

動画
p1wsa4.mpg
320×240、 2.88MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー魚をとる人
養殖場で働く人
フグどうしが尾をかみ切るのを防ぐため、傷つけないように気をつけながらフグの歯を切るなど、細やかな注意を払って養殖されています。
関連資料
p1wsa4g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 養殖場で働く人
この動画のスタート画面で、養殖場で働く人(静止画)
関連資料
p1wsa4g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 養殖場で働く人
いけすのトラフグ(静止画)
関連資料
p1wsa4g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 養殖場で働く人
餌を与えている様子(静止画)

動画
p1wsa5.mpg
320×240、 3.07MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー魚をとる人
漁業協同組合の人
漁業協同組合は沿岸漁業に携わる人々が協同し、自分たちの暮らしや社会を良くしていくための組織です。購買事業(燃料等の供給)販売事業、共済事業(保険)信用事業(資金の貸付、貯金)や指導事業も行っています。
関連資料
p1wsa5g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 漁業協同組合の人
この動画のスタート画面で、漁協で働く人(静止画)
関連資料
p1wsc6.mpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 漁業協同組合の人
長崎県漁業協同組合連合会の人へのインタビュー(動画)
この画像は私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 に収録されているものです。
説明文等は収録先でご覧ください。
関連資料
p1wsa5g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 漁業協同組合の人
漁協に集めた魚を整理する1(静止画)
関連資料
p1wsa5g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 漁業協同組合の人
漁協に集めた魚を整理する2(静止画)