[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
p1wsc1.mpg
320×240、 3.08MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人
水産センター(所長)
長崎市水産センターでは、クルマエビやアワビなどを卵から育て、海に放流しています。このような、魚の数を増やす努力や工夫をしている、栽培漁業センターは日本全国各地にあります。
関連資料
p1wsc1g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター(所長)
この動画のスタート画面で、水産センターの所長(静止画)
関連資料
p1wsc1g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター(所長)
水産センターの全景(静止画)
関連資料
p1wsc1g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター(所長)
魚や貝の子どもを育てる水槽(静止画)

動画
p1wsc2.mpg
320×240、 2.93MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人
水産センター職員(アワビ栽培)
アワビは卵から育て、約1年ほどかけて2cmくらいに成長したら海に放流します。アワビの子どもの餌として、生わかめを与えています。(長崎市水産センター)
関連資料
p1wsc2g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(アワビ栽培)
この動画のスタート画面で、アワビの子どもを育てる職員(静止画)
関連資料
p1wsc2g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(アワビ栽培)
アワビの子どもを育てる水槽(静止画)
関連資料
p1wsc2g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(アワビ栽培)
アワビの子ども(静止画)

動画
p1wsc3.mpg
320×240、 2.74MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人
水産センター職員(エビ栽培)
クルマエビは6月に卵から育て、40日間は陸上水槽で、その後は砂敷きの池で育てます。えさをとる訓練や砂に潜る訓練もします。(長崎市水産センター)
関連資料
p1wsc3g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(エビ栽培)
この動画のスタート画面で、クルマエビの子どもを育てる職員(静止画)
関連資料
p1wsc3g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(エビ栽培)
クルマエビ保育用の池(静止画)
関連資料
p1wsc3g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(エビ栽培)
クルマエビの子ども(静止画)

動画
p1wsc4.mpg
320×240、 3.06MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人
水産センター職員(ウニ栽培)
ウニの子どもを、病気にならないよう気をつけながら、ワカメなどのえさを与えて大きく育てています。(長崎市水産センター)
関連資料
p1wsc4g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(ウニ栽培)
この動画のスタート画面で、ウニの子どもを育てる職員(静止画)
関連資料
p1wsc4g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(ウニ栽培)
ウニの子ども1(静止画)
関連資料
p1wsc4g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(ウニ栽培)
ウニの子ども2(静止画)

動画
p1wsc5.mpg
320×240、 3.04MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人
水産センター職員(ヒラメ栽培)
ヒラメは卵から体長約7cmまで育て、海に放流します。体の大きさにあわせてえさを工夫しています。(長崎市水産センター)
関連資料
p1wsc5g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(ヒラメ栽培)
この動画のスタート画面で、ヒラメの赤ちゃんを育てる職員(静止画)
関連資料
p1wsc5g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(ヒラメ栽培)
ヒラメの赤ちゃんを育てる水槽(静止画)
関連資料
p1wsc5g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 水産センター職員(ヒラメ栽培)
ヒラメの赤ちゃん(静止画)

動画
p1wsc6.mpg
320×240、 3.07MB

私たちと水産業(長崎)
働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人
長崎県漁連の職員
沿岸漁業に携わる方々の漁協(漁業協同組合)は、長崎県内には94あります。長崎県漁業協同組合連合会はそれらのお世話をしたり、漁業や漁村をよくするために国や県に働きかけるなどの活動をしています。
関連資料
p1wsc6g1.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 長崎県漁連の職員
この動画のスタート画面で、県漁連の職員(静止画)
関連資料
p1wsa5.mpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 長崎県漁連の職員
漁業協同組合の人へのインタビュー(動画)
この画像は私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー魚をとる人 に収録されているものです。
説明文等は収録先でご覧ください。
関連資料
p1wsc6g2.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 長崎県漁連の職員
県漁連の様子1(静止画)
関連資料
p1wsc6g3.jpg
私たちと水産業(長崎)働く人々へのインタビュー水産センター・漁連の人 長崎県漁連の職員
県漁連の様子2(静止画)