[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
c1kaj1.jpg
600×400、 83.3KB
食のパーツ果実と木の実果実(1)
りんご
左:紅玉、右:ジョナゴールド。バラ科。現在栽培されているりんごはコーカサス原産。食用の歴史は古く、ギリシャ神話では万病を癒す黄金のりんごが登場する。カリウム、ポリフェノール、ペクチンなどを多く含む。

静止画
c1kaj3.jpg
600×400、 92.1KB
食のパーツ果実と木の実果実(1)
ココナッツ
ヤシ科のココヤシの果実。原産地は太平洋の南部地域と考えられている。若い果実(左)の透明な果汁、成熟果の白い胚乳、果皮の繊維を利用、油(ヤシ油、パーム油)も取れる。右は乾燥した胚乳。

静止画
c1kaj4.jpg
600×400、 90.7KB
食のパーツ果実と木の実果実(1)
タイ産バナナ
タイ語でバナナはクルアイ。10種類以上のバナナが食用になっている。写真は青バナナの名前で輸入されているもの。小ぶりで、果肉は固めで締まっている。

静止画
c1kaj5.jpg
600×400、 91.9KB
食のパーツ果実と木の実果実(1)
アボカド
クスノキ科。和名は鰐梨(わになし)。熱帯アメリカ原産。甘味や酸味はほとんどないが、脂肪分を多く含み、森のバターといわれる。木に成ったままでは熟さないので、収穫してから追熟させる。
関連資料
c1kaj5g1.jpg
食のパーツ果実と木の実果実(1) アボカド
アボカドの種

静止画
c1kaj9.jpg
600×400、 92.1KB
食のパーツ果実と木の実果実(1)
パイナップル
パイナップル科。多数の小花からなる集合花で、その花托(かたく)が肥大して円筒形の果実となる。収穫されてからは追熟しないため、産地の木で熟したものが出荷される。タンパク質分解酵素のブロメリンを含む。