[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
c1jho1.jpg
600×400、 79.6KB
食のパーツ文化の違いを表す調理器具日本(包丁、鍋)
包丁
用途に合わせてさまざまな形と大きさがあり、数十種類にのぼる。代表的なものは、主に野菜を切るための薄刃包丁(左)、魚や肉をさばくのに使う出刃包丁(中央)、刺身を切るときに使う刺身包丁(右)である。

静止画
c1jho2.jpg
600×400、 70.0KB
食のパーツ文化の違いを表す調理器具日本(包丁、鍋)
まな板
材質は木製とプラスチック製(写真)がある。衛生面から、肉や魚用、野菜用で表裏を使い分けるか、2枚そろえるとよい。乾いたまま使うと材料のにおいや色が移るため、使う前に必ず水で湿らせること。

静止画
c1jna1.jpg
600×400、 83.5KB
食のパーツ文化の違いを表す調理器具日本(包丁、鍋)
片手鍋
柄が1本ついている鍋のこと。注ぎ口がついており、鍋の中に入っている液体を移し替えるのに便利。

静止画
c1jna2.jpg
600×400、 89.8KB
食のパーツ文化の違いを表す調理器具日本(包丁、鍋)
やっとこ鍋・やっとこ
やっとこ鍋は柄のついていない鍋で、やっとこというペンチのような形の器具ではさんで持つので、この名がある。柄がないため、ガス台で使う時にもじゃまにならず、収納時は大、中、小の大きさの順に重ねられて便利。

静止画
c1jna3.jpg
600×400、 81.9KB
食のパーツ文化の違いを表す調理器具日本(包丁、鍋)
卵焼き鍋
卵焼き専用の鍋。巻き焼き鍋とも呼ばれる。銅製(写真)は、材料への熱の伝わり方がやわらかく、均一でよい。銅製は内側がすずでメッキされている。

静止画
c1jna4.jpg
600×400、 76.4KB
食のパーツ文化の違いを表す調理器具日本(包丁、鍋)
丼鍋
親子丼などの卵を使った丼物を作るときに使う。1人前用の浅い鍋に、柄が垂直についている。ご飯の上に鍋の中の具をのせるときに、鍋が浅いので、鍋を少し傾ければ形をくずさずに具を移すことができる。

静止画
c1jna5.jpg
600×400、 82.4KB
食のパーツ文化の違いを表す調理器具日本(包丁、鍋)
すきやき鍋
すきやき専用の鍋。鍋全体に均一に熱が伝わり、油とのなじみがよい鉄製などの材質が多い。

静止画
c1jna6.jpg
600×400、 96.2KB
食のパーツ文化の違いを表す調理器具日本(包丁、鍋)
土鍋
土製でふたつきの厚みのある鍋。温まりにくいが、一度温まると保温力にすぐれていて、材料への熱の伝わり方がやわらかなので、鍋物をするときに使われる。