[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
c1kok1.jpg
600×400、 80.8KB
食のパーツ加工品
上新粉(じょうしんこ)
うるち米を洗って乾燥させ、粉状にしたもの。上新粉より粒子が細かいものを、上用粉または胴づき粉といい、高級和菓子に使われる。

静止画
c1kok2.jpg
600×400、 87.5KB
食のパーツ加工品
白玉粉(しらたまこ)
もち米を洗って水につけ、すりつぶしてから、水にさらし、脱水して乾燥させたもの。昔は寒い時期に水にさらして作ったことから、寒ざらし粉とも呼ばれる。

静止画
c1kok3.jpg
600×400、 82.1KB
食のパーツ加工品
もち粉
もち米を洗った後、粉状にしてから乾燥させたもの、または乾燥させてから粉状にしたもの。求肥粉(ぎゅうひこ)とも呼ばれる。

静止画
c1kok4.jpg
600×400、 103.3KB
食のパーツ加工品
ビーフン
米を水につけてからすりつぶし、袋に入れて脱水(加熱することもある)し、穴のあいた筒に入れ、熱湯に押しだす。水にさらし、乾燥させて仕上げる。戻してから炒めたり、汁ビーフンに。中国南方で食べられている。

静止画
c1kok5.jpg
600×400、 89.3KB
食のパーツ加工品
沙河粉(シァホーフェン)
板ビーフンとも呼ばれる。水につけてやわらかくした米をすりつぶし、うすくのばして蒸し、冷めたら1cm幅に切って作る。中国広州の郊外、沙河鎮で作られたので名付けられた。ビーフンと同じように用いる。

静止画
c1kok6.jpg
600×400、 98.6KB
食のパーツ加工品
セン・ミー
タイでは米の粉で作る乾麺を総称してクアイティアオという。そのうち、断面の丸い極細の麺をセン・ミーという。

静止画
c1kok7.jpg
600×400、 89.7KB
食のパーツ加工品
セン・レック
タイでは米の粉で作る乾麺を総称してクアイティアオという。そのうち、セン・ヤイよりも幅のせまい平たい麺をセン・レッ(ク)と呼ぶ。

静止画
c1kok8.jpg
600×400、 85.8KB
食のパーツ加工品
セン・ヤイ
タイでは米の粉で作る乾麺を総称してクアイティアオという。そのうち、最も幅の広い平たい麺をセン・ヤイと呼ぶ。

静止画
c1kok9.jpg
600×400、 81.9KB
食のパーツ加工品
ライスペーパー
水につけた米を挽いた生地を、薄くのばして蒸し、竹を格子状に編んだ上にのせて天日で乾燥させたもの。ベトナム料理の生春巻きが代表的な料理法。加熱しなくても水で戻すだけで簡単に食べられる便利な保存食品。