[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
c1tut6.jpg
600×400、 119.8KB
食のパーツ目で見る食「器」タイ(皿)
平皿
タイでは大皿に料理を盛り、各自が好きなだけ取り分けて食べるようにすることが多い。白地に藍色の絵付けの皿はどんな料理にもよく合う。

静止画
c1tut7.jpg
600×400、 104.9KB
食のパーツ目で見る食「器」タイ(皿)
魚皿1(青)
姿のまま揚げたり焼いたりした魚料理は、少し贅沢なおもてなし料理として喜ばれるが、このような皿はその場合に活躍する。切り身やすり身を使った料理を盛って、魚料理であることがわかるようにする使い方もある。

静止画
c1tut8.jpg
600×400、 78.2KB
食のパーツ目で見る食「器」タイ(皿)
魚皿2(黄)
タイでは魚の形をした皿をよく見かける。細長い形のものは、煮物に使われることが多い。

静止画
c1tut9.jpg
600×400、 80.7KB
食のパーツ目で見る食「器」タイ(皿)
足つき皿(緑)
タイのセラドン焼きのデザート皿。セラドン焼きは青磁器の一種で、タイの北部チェンマイで作られる伝統的なもの。厚手で丈夫、柔らかなエメラルドグリーンの色合いと細かい貫入(ひび)が特徴。

静止画
c1tuta.jpg
600×400、 101.7KB
食のパーツ目で見る食「器」タイ(皿)
足つき皿と足つき小皿
大きい皿に揚げ物などを盛り、小さい器にはたれを入れて添える。