[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
c1kob1.jpg
600×400、 104.4KB
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本)
こんぶの佃煮
つくだ煮は小魚や海藻を、しょうゆやみりんなどで甘からく煮た保存食。昔、貧しい漁師が自分達の食事として作ったのがはじまり。塩分や糖分が高く、水分が少ないため日持ちする。レシピは関連資料に有り。
関連資料
c1kob1g1.htm
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本) こんぶの佃煮
こんぶの佃煮の作り方
関連資料
c1kob1g2.htm
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本) こんぶの佃煮
つくだ煮の由来

動画
c1kob2.mpg
320×240、 2.65MB

食のテーマ
驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本)
こんぶを切り分ける
こんぶはかたいので、キッチンばさみを使うと切りやすい。だしをとった後に残ったこんぶを使って作ることもできる。
関連資料
c1kob2g1.jpg
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本) こんぶを切り分ける
「こんぶを切り分ける」の1シーン
関連資料
c1kob2g2.jpg
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本) こんぶを切り分ける
「こんぶを切り分ける」の1シーン

静止画
c1kob3.jpg
600×400、 122.8KB
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本)
鍋の底に経木をしく
煮汁が少なくなるまで煮つめると、こんぶがこげて鍋にくっつきやすい。それを防ぐために、鍋の底に、経木(きょうぎ)をしく。経木とは、ヒノキやスギを紙のように薄くけずった板のこと。
関連資料
c1kob3g1.htm
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本) 鍋の底に経木をしく
経木について

動画
c1kob4.mpg
320×240、 2.78MB

食のテーマ
驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本)
こんぶを煮る
こんぶはたっぷりの水と酢、酒で、やわらかくなるまでじっくり煮てから味つけする。
関連資料
c1kob4g1.jpg
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本) こんぶを煮る
「こんぶを煮る」の1シーン
関連資料
c1kob4g2.jpg
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本) こんぶを煮る
「こんぶを煮る」の1シーン
関連資料
c1kob4g3.jpg
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本) こんぶを煮る
「こんぶを煮る」の1シーン

静止画
c1kob5.jpg
600×400、 119.0KB
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本)
煮はじめるとき、酢を加える
こんぶは酢を加えて煮るとやわらかくなる。長く煮るうちに、酢の酸味は消えてしまう。

動画
c1kob6.mpg
320×240、 2.96MB

食のテーマ
驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本)
しょうゆを加える
まず、砂糖、みりんを加えて煮て、煮汁の量が半分になったら濃口しょうゆを加える。しょうゆで濃く味つけして、塩分濃度を高くし、保存性をよくする。
関連資料
c1kob6g1.jpg
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本) しょうゆを加える
「しょうゆを加える」の1シーン
関連資料
c1kob6g2.jpg
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本) しょうゆを加える
「しょうゆを加える」の1シーン

静止画
c1kob7.jpg
600×400、 153.9KB
食のテーマ驚異の「保存食」こんぶの佃煮(日本)
煮汁がほとんどなくなるまで煮る
煮汁をここまで煮つめると、かなり水分が少なくなり、保存性が増す。また、照りが出てつやよく仕上がる。